アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】

アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】

3月5日に大分県佐伯市蒲江の港に釣行、ルアーでアラカブ釣りをした後、翌日は釣友と竹野浦の十勝丸のイカダでマダイ釣りを楽しんだ。ともにいい釣果に恵まれたので報告する。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 上木健司)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

蒲江の港でアラカブ釣り

3月に入り、季節の変わりめで安定しない天候が続き、前線に伴うウネリの影響でなかなか沖磯に出られる日が少ない大分県南の磯。

それならばと、桜の咲くこの時期に釣れるマダイと良型の根魚を狙って、3月5日に大分県佐伯市蒲江の港に釣行。

まずは夜釣り(午後8時~)で各港をラン&ガンしながらルアーで根魚を狙って、30.5cmと30.3cmの尺オーバーのアラカブを2尾ゲット。ほか、15~23cmのおかずサイズのアラカブを20尾ほど確保した。

アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】尺アラカブ2尾(提供:週刊つりニュース西部版 上木健司)

十勝丸のイカダでフカセマダイ

日が変わってから竹野浦の十勝丸のイカダへと移動。この日は同行の梶屋君とともに、イカダから水深約13mの底付近に潜んでいるであろう大型マダイをフカセ釣りで狙う。

つけエサは基本的にはオキアミで、エサ取りのウミタナゴが多ければダンゴや虫エサなどを使い分ける作戦で釣り開始。

アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 上木健司)

53cmマダイ登場

まず最初に、私に足裏ほどの塩焼きサイズのマダイがヒット。

その後、またもウキがゆっくりと入っていき、手元にずっしりとした重量感のあるアタリ。細ハリスをいたわりつつ、サオの弾力を限界まで使い、時間をかけて取り込んだのは、この日最大の53cmのきれいなメスのマダイだった。

アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】53cmのマダイと筆者(提供:週刊つりニュース西部版 上木健司)

釣友にも47.8cm本命

梶屋君も負けじとサオを極限まで曲げ、底付近にあるロープなどの障害物をかわして無事に取り込んだのは、梶屋君の自己記録更新となる47.8cmの大ダイだ。

午後3時で納竿。釣ったマダイは、どちらもよく肥えていておいしそうで、神経ジメをして大事に持ち帰る。

アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】47.8cmのマダイと梶屋くん(提供:週刊つりニュース西部版 上木健司)

十勝丸釣行の注意

十勝丸では、地のイカダと沖のイカダからの釣りができるが、北風のときは地・沖ともに背中側から吹き、南風では正面からとなるので、当日の風向きをチェックしてからの釣行をお勧めする。

予約しておけば、土鍋でおいしい炊きたてご飯や弁当も予算に合わせて作ってくれる。

釣り場へのアクセスは、北九州方面から東九州自動車道を宮崎方面に南下、蒲江インター下車。

アラカブゲーム&イカダフカセ釣りで両本命手中に満足【大分・十勝丸】十勝丸の筏(提供:週刊つりニュース西部版 上木健司)

<週刊つりニュース西部版 上木健司/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
十勝丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。