グレフカセ釣りで数釣り満喫 ハリスで沈下速度調整が奏功【三重】

グレフカセ釣りで数釣り満喫 ハリスで沈下速度調整が奏功【三重】

3月7日、三重県南伊勢町の奈屋浦で、グレを狙ったフカセ釣りを楽しんできた。狙いの40cm超は出なかったものの、良型グレの引きを満喫できたので、その模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷脇英二郎)

谷脇英二郎

TEAM黒夢関西所属、釣りはワイワイ楽しくをモットーに紀伊半島、大阪湾をメインにフカセ釣りで年中グレ、チヌを狙ってます!よろしくお願いします!

×閉じる

海釣り 磯釣り

オシドリの鼻に渡礁

今シーズンは寒グレ好調の便りが多く聞かれる状況であったが、緊急事態宣言の発令によりプライベート釣行は自粛を余儀なくされ我慢の日々が続いていた。そしてついに緊急事態宣言が終了となったので3月7日、三重県南伊勢町の奈屋浦エリアに寒グレを狙って釣行することにした。もちろん感染対策は万全にしての釣行である。

奈屋浦漁港に到着し船長にあいさつを済ませ15人ほどの釣り人を乗せた船は6時過ぎに出船となった。釣行当日は、天気はいいものの低気圧の影響でウネリがあり、沖磯は渡礁不可能な状況。私はもともと湾内の磯狙いであったので問題はなく船長の勧めでオシドリの鼻という磯に上がることになった。

グレフカセ釣りのタックル

当日用意したまきエサはオキアミ6㎏にグレパワーV9徳用とグレジャンボを混ぜたもの。さしエサには生とスーパーハードMサイズを用意した。久しぶりの磯ということで焦る気持ちを抑えてタックルの準備を済ませて釣りを開始。

グレフカセ釣りで数釣り満喫 ハリスで沈下速度調整が奏功【三重】当日のタックル(提供:TSURINEWSライター谷脇英二郎)

徐々に深いタナ攻めチヌ

初めはさしエが残ってくる状況で、3ヒロからスタートしたが徐々に深くしていく。すると手元までくるアタリをとらえた。久しぶりのやり取りを楽しみながら浮いてきたのは残念ながら本命のグレではなく綺麗なチヌであった。湾内磯ではチヌは定番のゲストだ。

その後、先ほどよりも少し張り気味に流していくとラインがスーッと伸びるアタリが出た。アワせると今度はグレ特有のスピード感のあるシャープな引き!ロッドであしらいながら水面近くまで浮かせると、ブルーの魚体が見えた。ところが一瞬の隙の間に磯際の張り出している棚ヘ突っ込まれてしまう。しばらく耐えたのだが、惜しくもラインブレイクでバラしてしまった。一瞬の油断が悔やまれるが気を取り直して次を狙う。

しかしその後はカワハギやリリースサイズのコッパグレが掛かってくる程度。それならばとウキ下を深くすると、チヌが釣れると言った状況。チヌも大きいサイズで50cmに迫る良型で、引き味を楽しんだ。

グレフカセ釣りで数釣り満喫 ハリスで沈下速度調整が奏功【三重】50cm近いチヌもキャッチ(提供:TSURINEWSライター谷脇英二郎)

次のページでポイント移動でグレ連発!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。