ボートメバリングで良型キャッチ ワームの刺し方でフォール速度を調整

ボートメバリングで良型キャッチ ワームの刺し方でフォール速度を調整

3月3日は愛知県の衣浦港でボートメバリングゲーム。ワームの刺し方でフォールスピードを操りドシャローを攻略、良型のメバルが出たので、その模様をリポートします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

遠浅のシャローからスタート

潮が上潮の5分あたりだったので、満潮にならないと打てないポイントは後回しにして、まずはゴロタ場シャローが遠浅に続くポイントから打っていきます。

ここでは表層ただ巻きでリトリーブスピードをアップさせていくと、すぐに本命のメバルがヒットしました。

ボートメバリングで良型キャッチ ワームの刺し方でフォール速度を調整早々にメバルをキャッチ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

しかし、少しレンジを下げてしまうとカサゴの猛攻にあいます。

ボートメバリングで良型キャッチ ワームの刺し方でフォール速度を調整ボトムではカサゴが連発(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

スローフォールするようにワームを水抵抗の受けやすい形にリグって、リフト&フォールをするとパターンにハマりました。

消波ブロック帯へ移動

満潮が近づいて潮が上がってきたことで、満潮ではないと打てない消波ブロック帯のポイントに入ります。

そして、ボトムの消波ブロックと水面の間をタイトに狙っていると、メバルからのバイト!やはり潮が上がっていくほどに、今までエサが捕食できなかったポイントにメバルが入っていけるので、自然と捕食モードに入るのでしょう。

ボートメバリングで良型キャッチ ワームの刺し方でフォール速度を調整シャローエリアでメバルがヒット(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

シャローのメバルは上げ潮で潮位が高まるほどに、さらにシャローへの侵入を開始します。それに合わせたポイント選びと釣りスケジュールを立てることで、ターゲットの動きに合わせたランガンスタイルを展開することができます!

最終釣果

この日はカサゴの活性が異常に高く、表層でもカサゴがバイトしてきてしまう状況でしたが、メバルも交じる数釣りにはぴったりな状況でした!

ボートメバリングで良型キャッチ ワームの刺し方でフォール速度を調整キープしたメバル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

まだ日ムラはありますが、魚に合わせたタイムスケジュールで狙えば釣果は期待できそうです。

<杉浦永/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
衣浦港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。