初心者でも簡単な『チョイ投げ』スズキ釣りのススメ 釣り方キホン解説

初心者でも簡単な『チョイ投げ』スズキ釣りのススメ 釣り方キホン解説

チョイ投げ竿で大物を釣ってみたいという方に朗報。春はエサで簡単にスズキが釣れます。ここでは釣りの流れを中心に、初心者でも夢をつかむためのセオリーを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ゼロテンションで待つ

釣り場に着いてロッドにリールをセットして仕掛けを結んだら、ハリに青イソメを房がけにして、まずはポイントに投げこみます。

無事、ポイントにオモリが着水したら糸フケ(たるみ)を取って、糸が張るか張らないかくらいになるように、リールを巻いて調整します。これをゼロテンションと呼びます。

初心者でも簡単な『チョイ投げ』スズキ釣りのススメ 釣り方キホン解説ゼロテンションでアタリを待つ(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

鈴が鳴ったら一気にアワセ

仕掛けを投げて調整したら、竿先に鈴を付けて待ちます。時折、リールを1回転くらい巻いて、仕掛けを少しずつ手前に戻すように探ります。

アタリは、鈴がジリジリ!と、鳴るのですぐにわかります。アタリが来たら思い切り、竿をあおってアワせましょう。

ドラグ調整が不可欠

魚がかかったら、まずは無理やりリールを巻かないで、最初は走らせて弱らせるくらいの余裕を持ちましょう。ただし、糸が緩むとハリが外れたり、フッコ(スズキ)がジャンプして糸を切る(これをエラ洗いと呼ぶ)ことがあるので、気を抜けません。

初心者でも簡単な『チョイ投げ』スズキ釣りのススメ 釣り方キホン解説ドラグ調整を(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

この時役立つのが、リールについているドラグ(糸の出る力を調整する機能)です。時計回りで締めること、逆回りで緩めることができます。糸が思いきり引っ張られると、自動的にジー、と糸が出ます。ドラグをうまく使いながら、魚とのファイトでリールを巻ける時には、なるべく巻いて手前に魚を寄せましょう。

次のページで「取り込み」について解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。