『ロッド破損』への備えと対応方法 保証と免責をチェックしておこう

『ロッド破損』への備えと対応方法 保証と免責をチェックしておこう

丁寧に扱っていても、ロッドが破損することはある。今回は、破損してしまったときにどのように対応すればいいか、メーカーごとに違いはあるが筆者の体験から紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

筆者の破損経験

私はアジングメインで、特にナイーブな細いアジングロッドを使用する。これを折ってしまった経験が、二度ある。どちらも、ちょっとした取り扱いのミスだった。わざわざ50km走っていった先で、釣りを始める前に折ってしまったこともある。ただ折れたロッドでもなぜかその日はよく釣れたのだが……。

筆者の二本のアジングロッド破損部位はどちらも同じで、ティップ(サオ先)部分。いわゆる「#1」と呼ばれる、第1ガイドから第2ガイド前までの部分を折ってしまった。

ロッドの破損はかなり落ち込む。それが高価なロッドなら、もう何週間かは立ち直れないほどではないだろうか。しかし、それも釣り人としての(かなり苦い味のする)経験値にはなる。何よりも肝心なのは、破損してしまったその後の対処だ。

保証書を確認

メーカーや、ロッドの価格帯によって有無はあるが、ロッドには「保証書」がついていることがある。多くの場合は、購入後一年間、破損時の保証をするという内容だ。

『ロッド破損』への備えと対応方法 保証と免責をチェックしておこうロッドの保証書(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これは釣具店で購入するときに、必ず有無を確認しよう。ハイエンドのロッドや、あるいは中古品や非常に安価な品にはつかないこともある。特にアジングロッドのような、非常にナイーブで扱いに慎重を要するロッドは、もしものときのための保証書の有無も、購入時のポイントといえるかもしれない。

保証書には、基本的に必ず購入店での日付の記入や、購入したことを証明するスタンプが必要となる。これがないと保証が受けられないので、もしネット通販でロッドを購入するときには、その点も販売店に問い合わせてみよう。

「保管」も絶対!

購入店でもらったロッドの保証書は、必ず自己責任で確実に保管しておこう。紛失してしまって、「確かにもらったんですけど、手元にないんです」では、お店でも修理を受け付けてもらえない。

私の場合、二度の破損とも、しっかりと手元に保証書を残しておいた。それも保証期間一年以内ということで、ありがたいことに、修理を受け付けてもらえた。

#1部分破損の場合

2ピースロッドの#1部分破損。おそらく、これがもっともよくあるパターンではないかと思うので、筆者の経験を引き続き語りたい。

実はこの#1破損に関しては、折れた部分からパーツを継ぎ足すのではなく、コンポジットする2ピース部位をまるごと交換してもらうことができた(注:メーカーにより対応は異なると思われる)。免責額は、保証書にある通り3000円程度。つまり3000円払って、半分は新品のロッドが手に入ったようなものだ。

『ロッド破損』への備えと対応方法 保証と免責をチェックしておこう免責額も確認しよう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

折れたのは何だが、メーカーの対応には、本当に良心を感じるものがある。ありがとうございます。ちなみに実は今、二本目の破損ロッドは修理中。仕上がりは通常なら二週間程度ということだが、このような情勢で、今は一ヶ月ほどかかるようだ。

『ロッド破損』への備えと対応方法 保証と免責をチェックしておこう早く戻ってきてほしい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで破損の際の心持ち(?)を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。