まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:釣り方関連

まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:釣り方関連

メバリングの釣法に関して、基本的な用語を覚えておきたい。メバルはデイ(日中)とナイト(夜)で釣り方がかわるので、そのあたりのことも含めて関連する言葉を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

オープンウォーターの用語

メバリングは基本的にどのようなポイントでもキワ打ちが基本となるが、海の前方(オープンウォーター)に投げて釣ることもできる。特にナイトゲームではオープンウォーターのポテンシャルが高い。次のような釣り方があることを覚えておきたい。

地形変化絡みの表層リトリーブ

底に地形変化が入っている場所には、オープンウォーターでもその中層から表層にかけてメバルがつく。ジグ単やプラグで届く距離に地形変化絡みのポイントがあるならば、その表層~表中層を、根に捕まらないように注意しながらリトリーブで釣ってみよう。

まずはここから覚えたい『メバリング』用語集:釣り方関連沖で反応した良型メバル(提供:WEBライター・井上海生)

キャロライナリグ

沖の潮のヨレなどにもメバルはつく。主には回遊性の高い個体、またベイトフィッシュを盛んに捕食している大型のメバルだ。そのようなメバルを狙い打つために、中通しのオモリやゆっくりと沈下する飛ばしウキをセットし、その下に垂らしイト+ワームで釣る、キャロライナリグがある。

以上、メバリングの釣り方について、基本的な部分について解説した。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。