ナイトメバリングで良型25cm 上げ潮の数釣りポイントで連打【志賀島】

ナイトメバリングで良型25cm 上げ潮の数釣りポイントで連打【志賀島】

福岡市東区・志賀島にメバルの様子をうかがいに行ってきた。上げ潮の数釣りポイントではメバルを連打。良型メバル25cmにも出会えた釣行をお届けする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でメバリング

2月4日、午後9時前に仕事が終わり、志賀島(福岡市東区)にメバルの様子をうかがいに。風も弱く、メバルびよりのため期待がもてる。

ナイトメバリングで良型25cm 上げ潮の数釣りポイントで連打【志賀島】志賀島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

最干潮から30分ほど経過しているので、ぼちぼち潮が利いてくれればいいと思い、まずは志賀島の入り口、東側の外海の波止にてプラグで狙うことに。

ナイトメバリングで良型25cm 上げ潮の数釣りポイントで連打【志賀島】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

テトラのキワから良型25cmキャッチ

シンキングペンシルをキャストし、リトリーブ。ここは良い型のメバルがいるので、活性次第で数投で結果がでるのだが、コツンとショートバイトのみ。

すぐに実績あるワームの海毛虫Jrに交換し、キャスト。ジグヘッド1.5gをゆっくり巻き取り、手前のテトラのキワでグンッとロッドティップが持っていかれる、なかなかのアタリ!

ジジッとドラグが鳴り、干潮なので普段沈んでいるフジツボなどが付くテトラに、ラインが少し掛かる。ショートロッドだとレスポンスはいいが、このようなときには無理がある。

どうにか外れてくれ、無事ランディング。やはり良型で、25cm。

次を狙い、30分ほど広範囲を探るも、バイトなし。

数釣りポイント弘漁港へ

次は潮が突っ切ってくる時間で、弘漁港に向かう。ここが今回の数釣りポイントと思っている。

始めて20分ほどは潮が弱く、バイトなし。予想に反して反応が悪いが、立ち位置を2m刻みでずらし、細かにメバルの居場所を探る。常夜灯があるが、ここではしっかり光が利いているところから数mずらすと結果がでやすい。

ここぞと思う立ち位置から明暗部を通すと、プルプルと小気味いいアタリ!10~15cmが連続ヒット!

上げ潮にメバル連打

上げ潮が利いてくると、予定通り数釣りに突入!時折ヒットした20cm近いサイズは2尾にとどまったが、30尾ほど連続でヒットしてはリリースし、冬の夜釣りを楽しむことができた。

ナイトメバリングで良型25cm 上げ潮の数釣りポイントで連打【志賀島】まだまだ寒いが、行けば良型と遊べるかも(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

たっぷり釣って、時計を見ると午前0時前。気温は3度だったが、防寒をして楽しむと時間も過ぎるのが早い。海に行くのは少々覚悟がいるが、行けば楽しいことが待っている!

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
志賀島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。