イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】

2月9日、外房大原の春日丸から、マハタ狙いで釣行した。筆者はマハタの自己新記録更新、そしてゲストのヒラメはいい土産になった。今回はその日の模様をお届けする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春日丸でマハタ狙い

外房大原の春日丸は、5時10分に右舷に3人、左舷は2人が入って、中井成明船長の操船で出港。沖に出るとかなり風が強い。

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】大原港春日丸乗船場所(作図:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

マハタタックル

ポイントへ向かうと一層強くなって、波も高いタフコンディションのなか、6時にスローダウン。

「着きましたから準備してください。ちょっと風があるから気を付けて」と船長からアナウンス。周囲が明るくなってきたころ、エサの活イワシが配られる。

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】マハタタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

6時15分、「はい、支度のできた人かららやってみましょう。水深18m。根掛かりしますから、ひん繁に入れ直してください。落としてすぐアタることが多いですよ」と投入の合図。

イワシの鼻の硬い部分に親バリを刺し、背ビレの後ろに孫バリを掛けて素早く投入。根上を流すのでステイトは短めにして、オモリが着底したらすぐ50cmほど底を切った位置で待つ。それでも波があるので、たまに底を叩いてしまう。まめに底を取り直すが、ちょっと油断すると根掛かり。7、8分を目安に仕掛けを上げて入れ直す。

潮回りで本命マハタ浮上

左舷でクロメバルが釣れたところで潮回り。6時30分、「やりましょう、25~20mのカケアガリになっています」と船長。流し始めて10分後、下間(しもつま)さんに小型ながら本命がヒット。

三流し目に三山さんの竿が曲がる。上がってきたのは30cm超のカサゴ。このあと、再びアタリをとらえ、2kgのヒラメがタモ取りされる。

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】ヒラメも元気だ(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

さらにトモ2番でも1kg級の同魚。この流しは三山さんが絶好調で、2kg弱のマハタをキャッチ。続けて下間さんにもアタって、同級の本命を取り込む。

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】三上さんが絶好調(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

筆者もマハタキャッチ!

7時40分、私の竿にゴツゴツとアタリ。食い込みを待ち、竿先が入ったところでアワせる。海面に姿を見せたのは1kg弱のヒラメ。

次の流しでは水深23mで一気に引込まれる。ゆっくり聞き上げると、リールが巻けないくらいの強い引き。やがてタモに収まったのは1.5kgマハタ。

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】筆者にヒラメとマハタ(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

マハタ3kgで自己新記録更新

8時半、竿先がギュンギュンと大きく引込まれ、そのまま竿を立てると、なかなかの重量感。船長がタモ取りしてくれたのは2kg級。三山さんにもアタって1kg本命を追加。

「チャンスだ」と集中していると、竿先がクククッと絞り込まれる。船長から「アワせないと根に持っていかれるよ」とげきが飛ぶ。大きく竿を立てると強烈な引き込み。強引に巻き上げ、なんとか魚を底から離したが、かなりキツく締めておいたリールのドラグが滑ってミチイトがズルズルと引き出される。

それでもかまわず巻き続ける。途中、何度もイトが出て、水面まできて、もう一度ギューンと走ってあわてたが、船長が差し出すタモに収まったのは3kg弱。自己新記録更新にしばらく興奮状態。

イワシ泳がせでマハタ狙い 3kg級本命にヒラメも【千葉・春日丸】筆者の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

次のページでマハタを追釣そして最終釣果発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。