オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】

1月下旬、南房・乙浜港の有希丸から中深場の高級魚を狙いに出掛けました。朝は潮が流れず苦戦しながらも、みなで仲良く五目釣りを達成できた釣行をレポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

有希丸でオニカサゴ釣り

南房・乙浜港の有希丸に集まった仲間は7人。受け付けを終え、私は右舷ミヨシに釣り座を構えました。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】乙浜港略図(作図:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

当日のタックル

6時出船。ポイントには15分ほどで到着。水深は150m前後です。

オモリは150号で統一。タックルは、PEライン4号400mを巻いた中型電動リールに、アカムツやイカなどにも使用している2mほどのグラスロッド。

深場での釣りは、オマツリや高切れなどのライントラブルが起こりやすいため、予備のラインも持っておくと安心です。

当日は五目釣りということで、朝イチは胴突き仕掛けでクロムツを狙い、その後イカの反応がよければプラヅノ仕掛けで狙い、その後は天ビン仕掛けに変えてオニカサゴを狙うという計画。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】仕掛けを手作りしました(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

朝イチはクロムツ狙い

「はい、どうぞ~」吉田船長の合図でスタート。一投めは、クロムツ狙いで胴突きの仕掛けを投入。エサはサバを短冊にカットしたものを使用。

さっそく、トモの人の竿が強烈に引き込まれています。潮の流れが速く数人でオマツリが発生しながらも、船長がていねいに解きながら顔を見せたのは、良型のメダイ!強烈な引きと、ネットリと甘みの強いとても美味な魚で、うらやましい。

この流しでは、丸々太った立派なサバとユメカサゴが釣れました。これらは深場釣りでの定番。さっそく美味しいお土産ができてひと安心♪

掛け下がりで少し水深が深くなったタイミングで、隣の人にヒット。上がってきたのは、狙い通りクロムツ。同じポイントで様々な魚種がでて、早くも船上が盛り上がります。

ところが、その後1時間と経たないうちに、潮止まり。ポツリポツリとサバ、ユメカサゴは顔を見せてくれるも、ナギ倒れ状態でまったく潮が流れず苦しい時間が続きます。

8時をまわったころ、トモの人にいい引きで水面に現れたのは30cmほどのオニカサゴ。早くも船上で五目達成です。

天ビン仕掛けにオニカサゴ

ここで、天ビン仕掛けにチェンジすることにします。2本バリの自作仕掛け、ハリはムツバリ20号の大きめを使用。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】使用した天ビン仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

着底してまもなく、ググっと引っ張られるようなアタリ。大きくアワセを入れ、慎重に巻き始めます。数十mごとに暴れるような独特な引き。天秤を取り込むと、ゆっくりと水面にオレンジ色の鮮やかな魚体が浮いてきました。25cmほどのオニカサゴです。「やったーー!」うれしくて思わず叫びます。仕掛けを変えたことが功を奏したようです。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】25cmほどのオニカサゴ(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

鮭皮の付けエサでオニカサゴ狙い

次は、数日前に近くのスーパーで購入した焼き鮭用の鮭の皮を持参していたので、試してみることに。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】焼き鮭用の鮭の皮でチャレンジ(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

オニカサゴを狙うときは、エサは10cmほど、なるべく大きくヒラリとアピールするほうが効果的。アタリは割と明確で、独特な強い引き。釣って楽しく、とっても美味しい魚なので、私は専門で狙うのも大好きです。この魚は泳ぎ回って捕食するのではなく、目の前にきたエサに口を使い、反転するのにもかなりの時間がかかると聞いたことがあります。なので、小まめに底を取りながら、エサを口元に運んであげるようなイメージで、ていねいに誘いを入れていきます。

狙い通りに35cmオニカサゴゲット

すると、今度は竿にモタレるような違和感。アワセてみると…ガシッとした重量感。竿が止まります。電動のスイッチを入れ、オマツリに気を付けながら慎重に巻き上げます。無事、ネットイン。35cmにサイズアップ。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】35cmにサイズアップ(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

オニカサゴは油断禁物

オニカサゴは浮袋がないので、取り込みの瞬間まで油断は禁物です。このサイズになると、大きな赤いゴツゴツした頭に迫力を感じます。怪獣感のある愛くるしい姿に、赤ゴジラと呼ばれることも。

背ビレほかにあるトゲが刺さると、ズキズキ強く痛み、大きく腫れるので、取り込み後はフィッシュグリップなどで魚を固定し、プライヤーなどを使用してハリを外すと簡単かつ安全です。

同じタイミングで、隣の人にも良型の同魚がヒット。潮の流れに苦戦しながらも、ポツリポツリと上がり、早くもタイムリミットが迫ります。

20cmほどのかわいいオニカサゴも20号の大きなムツ針を咥えて顔を見せてくれましたが、成長がとても遅い根魚なので、資源保護のためにリリース。こんなに深場でも、スイスイと海底へと元気に戻っていき、ホッとひと安心です。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】かわいいサイズはリリース(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

当日一番40cm級オニカサゴ浮上

ベタ凪にポカポカ陽気。思わず上着を脱いでしまうほど暖かく、気持ちのいいとても穏やかな日です。

「ちょっと移動しまーす」と船長のアナウンス。最後の望みを掛けて、大鬼の実績が高いポイントへと向かいます。5分ほど走って到着。

「はいどうぞ。ここで最後ね~」と船長。願いを込めて投入。しばらくすると、反対のトモから「あぁーーーー」と、突然悲鳴のような叫びが聞こえてきました。どうやら、40cm級のオニカサゴが掛かったのですが、抜き上げようとしたところでフックアウトしてしまったようです。しかし、間一髪のところでタモが間に合い、無事キャッチ。今日一番のサイズに、船長もニッコリとしてうれしそうです。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】千坂さんも順調(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

最終流しで本命追釣

様子を見に行こうと、回収しようとした瞬間にゴゴッと本命らしきアタリ。最後の流しで、なんとかもう1尾追加することができました。

オニカサゴ釣りで40cm級頭に本命顔出し 美味な釣果料理堪能【有希丸】最後の流しで1尾追加(提供:週刊つりニュース関東版・白井亜実)

11時半、納竿。「朝イチくらい潮が流れてくれれば、もっと大きいのも釣れたはずなのにな~」と船長は少し悔しそうでしたが、潮が流れず苦戦しながらも、みなで仲良く五目釣りを達成できて、お土産も十分。何が釣れてくるのか、とってもワクワクする楽しい釣行となりました。

次のページでは釣果料理を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。