今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・作田川】

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・作田川】

寒い日が続いているが、常連が足しげく通っているのが千葉県東金市を流れる作田川。水温低下でジャミアタリがなく釣りやすい。今回はそんな上武射田橋の堰下流ワンドを紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・高田恵年)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

作田川の概況

片貝漁港付近から太平洋に注ぐ約20kmの河川で、上武射田橋の堰はその中間に位置する。まだ水温は低くて魚の活性も低いが、モジリは川の中央やミオ筋に出ていて、本命の姿は確認できる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・作田川】作田川概況(作図:週刊へらニュース版APC・高田恵年)

型も35cm前後から40cm超が顔を出している。この時期は数釣りこそ望めないが、辛抱強く釣りたい。潮の干満で水位の変化があり、流れがつくと魚の活性は上がる。特に下げ潮の時がベストで、新水門から流れ込むミオ筋は、いつも常連が狙って竿を出している。

ポイント

作田川のポイントを紹介しよう。

北岸(道路側)

ゴム製の堰下流のミオ筋狙いで、常に多くのモジリが出ている。川の中央付近は水深が3本以上あり、流れは緩く釣りやすい。竿は18~21尺。

竿が出せるポイントは流れ込みから15m下流からで、竿の長さや位置によっては根掛かりがあるので注意。底の状態を確認してから釣り台をセットしよう。竿はモジリに合わせて決めるといい。

ゴム製の堰付近の南岸

護岸下は角(旧川との合流点)から上流にかけては、カケアガリになっている。角から7m上流付近は特にきつく正面で水深1本半、2m下流で3本強と深くなる。竿は16~18尺がベスト。

南岸(テトラ側)

旧上武射田水門向きは、13~15尺竿で水深が2本前後。川の中央にいくほど深くなる。15尺竿で3本前後、21尺竿は4本弱となる。流れがつかなければ、バランスの底釣りも可能。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・作田川】左奥が旧上武射田水門(提供:週刊へらニュース版APC・高田恵年)

上武射田橋の新水門向きは、21尺竿で水深は4本。北岸のミオ筋(旧川との合流点付近)向きは、18~21尺竿で水深が3~3本半。竿を出す向きは、風向きを考慮して決めるといい。

釣り方とエサ

釣り方は中・外通しのドボンがメイン。水深は入釣ポイントによって異なり、新水門から下流にかけてのミオ筋以外は流れが緩い。

南岸はバランスの底釣りが可能だが、通常は流れがあるのでやはり中・外通し釣りがメインになる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・作田川】新水門越しに下流を見る(提供:週刊へらニュース版APC・高田恵年)

竿は北岸が15~24尺、ゴム製の堰付近の南岸は15~21尺、南岸(テトラ側)は18~24尺。冬場は雨が降らないと水が澄むので、そのような時は長竿を使用するといい。

仕掛けは、道糸1.5~2号、ハリス0.6~0.8号、ハリはリグル6~7号、セッサ7号が基準。ウキは流れの強さによってタイプを使い分ける。流れの強いミオ筋を狙うなら、カンザシタイプがベスト。他のポイントは普段使用している通常のタイプでトップはパイプ、ムクのどちらでもいい。

エサはグルテンセット、両グルテン、両ダンゴといろいろ。意外と効果的なのがグルダンゴ。配合はダンゴの底釣り冬や粘麩に、グルテン四季とわたグルや凄グルを混ぜる。

<週刊へらニュース APC・高田恵年/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
作田川
釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。