厳寒期のアジングは難易度高し 本命不発も良型メバル浮上【垂水漁港】

厳寒期のアジングは難易度高し 本命不発も良型メバル浮上【垂水漁港】

久々に垂水漁港まで車を走らせた。アジングだ。シビアな冬とはいえ、好条件が揃っていたので、これで釣れなければ困る、というような気持ちで臨んだ釣行をレポートしたい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

垂水漁港で冬のアジング

釣行当日の海の条件は、次の通りだ。

日時:2月10日18時~22時
天候:晴れ、風ほとんどなし
潮回り:新月の大潮、18時頃満潮
場所:垂水漁港、常夜灯下など
海水温:10.9度

この日くらいまで関西圏ではいい天気が続いていた。海水温も低いのは確かだが、低いなりに11度前後で安定してはいるので、おそらく新月の大潮回りで、常夜灯下、しかもほとんど年中アジがいる垂水漁港なら、間違いないだろうと思っていた。

好条件の常夜灯下でアタリなし

やはり冬のアジは読みきれない部分もある。かすかなアタりがひとつあったかなかったかで、私もかなり執念深く常夜灯下を手を変え品を変え打ったが、捻り出せなかった。

厳寒期のアジングは難易度高し 本命不発も良型メバル浮上【垂水漁港】定番の常夜灯下を打ったのだが……(提供:WEBライター・井上海生)

近くにいたアングラーに聞いてみると、「今年は秋でもアジは微妙でしたから……」ということだった。筆者のメインフィールドの大阪南港でもそうなので、大阪湾近郊の漁港周りにアジの群れが入りきらないという状況は同様らしい。

ただひとつだけボトム付近でかけた。妙な引きをするなと思ったら、なんということはない小カサゴ。海藻が絡んでいて、水圧が大きく感じられたのだ。ともあれボウズは免れた。

厳寒期のアジングは難易度高し 本命不発も良型メバル浮上【垂水漁港】海藻が絡んだ小カサゴがヒット(提供:WEBライター・井上海生)

オープンウォーターを探る

しかし、垂水まできて、本命と遭遇できないのは辛い……、引き続き、気温も徐々に下がってくる中、真っ暗闇のオープンウォーター、多少潮が流れている場所を、その中にぽつんとアジがいるかもしれない、とイメージして打つ。実際垂水ではそういう「はぐれ個体」ともいうべきアジのバイトが、経験上数回あったので、諦めずに打ち続けた。

使用していたのは2inchのボリュームのあるワーム。ハーフクリア・ソリッドの、まあアジの機嫌がどうでも、見つけてもらいやすく、わりと口を使ってもらいやすいようなカラー。

10m程度投げて20カウントくらいのレンジで、やっとバイトがきた。かけた瞬間、「よっし」と喜びの声が出る。外れないように追いアワセを入れて、やりとりする。

次のページで良型メバル登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。