今さら聞けないフカセクロダイ釣りのキホン:コマセの撒き方と練習方法

今さら聞けないフカセクロダイ釣りのキホン:コマセの撒き方と練習方法

今回はコマセの撒き方について解説します。狙った場所にコマセを撒くためには正しいフォームや撒き方を身につけることが重要。コマセがうまく撒けない方は参考にしてみて下さい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター 杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

コマセの撒き方の基本

クロダイのフカセ釣りではコマセが欠かせません。クロダイを寄せるだけでなく、やる気のない魚の捕食スイッチを入れる効果もあります。しかし、仕掛けが流れる位置とは全く違う場所にコマセを撒いても効果は今ひとつ。さしエサとコマセを同調させるためには狙った場所にコマセを撒くことが大切です。

今さら聞けないフカセクロダイ釣りのキホン:コマセの撒き方と練習方法フカセ釣りにはコマセが欠かせない(提供:WEBライター 杉本隼一)

まずはコマセを撒くときの動作を確認してみましょう。

1. ヒシャクを持ち、コマセをすくう。
2. バッカンの内側でゴシゴシとすり切るように固める。
3. 肘を地面と平行になるくらいに上げる。
4. 肘を支点にヒシャクを後ろへ少し寝かせる。
5. 肘の位置はそのままヒシャクを素早く前へと押し出す。

うまく撒くコツ

コマセをうまく投げるコツは、コマセをしっかり固めてヒシャクを振り切らずに止めること。すくったコマセを撒く前にしっかり固めることで空中分解を防ぎ、コントロールもしやすくなります。

また、コマセを撒くときはできるだけヒシャクが斜めにならないように意識することが重要です。無意識に肘が下がってしまうこともあるので、うまくコマセを投げられないと感じたら、まずは肘が下がってしまっていないか確認してみましょう。

今さら聞けないフカセクロダイ釣りのキホン:コマセの撒き方と練習方法 ヒシャクは90°で止める(提供:WEBライター 杉本隼一)

ヒシャクは振り切らずに90°前後の位置でピタッと止めるとコマセの自重で飛距離も稼げます。初心者のうちにコマセを撒くフォームを固めておくと、フカセ釣りに慣れてきてからも、様々な場面で役に立つはずです。

次のページでオススメの「コマセワーク練習法」を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。