師崎沖「ウタセマダイ」で本命40匹 一時入れ食いモードに【愛知】

師崎沖「ウタセマダイ」で本命40匹 一時入れ食いモードに【愛知】

1月20日、愛知県・師崎沖のマダイが好調とのことで師崎発の船に乗った。ウタセエビを使ったマダイ釣りは誘い方、攻め方、ハリへの乗せ方など、その時々で思考を凝らした楽しみ方があり、特に好きな釣りだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

師崎沖でウタセマダイ

ウタセエビを使ったマダイ釣りは、近場の浅いポイントで30cm前後のマダイがメインとの事前情報を考慮して、食い込みと手返しを重視したタックルで挑むことにした。

午前7時での気温は1度。非常に寒いなかで出船して、ポイントは港から10分ほどだが、風とウネリの影響でなかなか船が落ち着かず、7時半すぎからの開始。

水深は20m前後と浅く、底取りも容易で釣りやすい。寒さに耐えれば釣れると信じてサオ先に集中した。

私のタックルは106gのタイラバロッドに小型ベイトリール、ミチイトはPEライン2号。軽さ・操作性・乗せ重視の挑戦が、果たして吉と出るか!?

私以外の6人の乗船者は全員が電動リールで、サオもリールに見合ったもので挑んでいた。

師崎沖「ウタセマダイ」で本命40匹 一時入れ食いモードに【愛知】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

1匹目は本命25cmマダイ

なかなかアタリが出ないなか、トモとミヨシで25cmほどのきれいなマダイが上がる。その直後、私にも最初のアタリがあり、上がったのは25cmほどのマダイだった。

その後はアタリが遠く、時折船のどこかでポツリと上がるといった感じ。船長いわく、「潮は動いているものの気温、水温が低過ぎて活性が悪いかも」とのこと。必ずどこかで食いが立つと信じて寒さに耐えながら集中して、その時を待つ。

師崎沖「ウタセマダイ」で本命40匹 一時入れ食いモードに【愛知】本命のマダイを上げて笑顔(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

ダブルやトリプルで釣果伸ばす

時間とともに風も収まり、日差しにぬくもりを感じだした午前10時すぎにやっとその時がきて、乗船者全員が入れればアタる時間が続いた。

しかし、全体的に食い込みが悪く、皆がハリ掛かりに苦労している。そんななか、私は細かなアタリでうまく乗せることができ、ダブルやトリプルも幾度とあり、釣果がグングン伸びていく。

まさにタイラバロッド的中!!気持ち良く引き込むマダイ独特の引きを堪能しながら、午後1時に納竿を迎えた。

最終釣果

港に戻り、船長が全ての魚を締めた後に全員の釣果を確認。マダイは少ない人で16匹、平均して25匹前後。大きさは20~35cmといった感じで、30cmを超えるマダイは少なかった。

私はマダイ40匹(最大33cm)にカサゴ1匹で、マダイはダントツの釣果だった。

師崎沖「ウタセマダイ」で本命40匹 一時入れ食いモードに【愛知】マダイの数釣りを堪能した(提供:週刊つりニュース中部版 APC・加藤亘)

次のページでは「釣果差」の理由とは?

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。