【関東2021】オニカサゴ釣りのキホン タックル・釣り方・毒棘の処理

【関東2021】オニカサゴ釣りのキホン タックル・釣り方・毒棘の処理

毒を持つトゲが特徴的な「オニカサゴ」。今回は、初心者に向けてタックル選定・釣り方の基本・オススメ料理等について紹介しよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

オニカサゴとは

まず初めに、オニカサゴの生態・釣り場・シーズンなどを紹介しよう。

生息域・標準和名

毒を持つトゲが特徴的な「オニカサゴ」。標準和名は「イズカサゴ」。30~40cmを超える中~大型は、おもに岩礁帯や平根のある砂泥底の水深80~200mが生息域で、ヤリイカのそれに似る。最大で50cmに達する。

ややこしいことに標準和名でオニカサゴと呼ばれているのは別種。こちらは浅い岩礁帯に生息。

関東の釣り場・シーズン

関東では、外房~南房、東京湾口、相模湾、東伊豆~静岡の各沖で釣れるが、周年狙う船は少なく、冬場に人気がある。

オニカサゴタックル

次に、オニカサゴ釣りに使用する基本タックルを紹介しよう。

【関東2021】オニカサゴ釣りのキホン タックル・釣り方・毒棘の処理基本タックル(作図:週刊つりニュース関東版編集部)

竿

8対2~7対3の先調子。こまめな底取りと誘いを行うので手持ちが基本。ゆえに操作性のいい1.8m前後でオモリ負荷100号クラスが向く。専用竿のほか、感度のいいヤリイカ竿やビシアジ竿がオススメ。

リール・ミチイト

リールは、PEライン3~4号を300m巻ける中型電動。誘い続けることを考えると、軽量コンパクトが望ましい。

天ビン・オモリ

腕長40cmほどの片天ビンを使用した吹き流し式。オモリは100~150号とエリアによって異なるので釣行時に要確認。

仕掛け

ミキイト6~8号、枝ス6号程度。全長2mの2~3本バリ。ムツやホタバリ16~18号。

【関東2021】オニカサゴ釣りのキホン タックル・釣り方・毒棘の処理ハリ周りの装飾一例(提供:週刊つりニュース関東版編集部)

オレンジ夜光などのカラーバリや、チモトに夜光玉やタコベイト、チューブワームを付けてアピール度を上げるのも有効。ただし、エサ取りやサメが多いエリアでは外すこと。

エサ

一般的に船で支給されるのは、サバの切り身。ほかに、エサ持ちのいいイカやサケ皮。カツオのハラスやシイラ、アナゴ。変わったところでは鶏の皮やイイダコの半割を使う人もいる。魚の身や皮は幅1~1.5cm、長さ7~12cmほどにカット。海中でひらひらと漂わせるため、身は薄く削ぐ。付け方は皮側からチョン掛け。エサが海中で回らないよう、先端中央部に刺すこと。

次のページで「釣り方の基本」を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。