フライお得帖:あれば安心『エッグ』の簡単自作術 材料費はたったの6円

フライお得帖:あれば安心『エッグ』の簡単自作術 材料費はたったの6円

今回の「フライお得帖」は、フライの中でも「やっぱりあれば安心」となるエッグをインスタントに自作する方法を、自称「ずぼらな毛鉤釣り師」の浅暮三文氏が解説。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・浅暮三文)

浅暮三文

浅暮三文(あさぐれ・みつふみ)小説家。第八回メフィスト賞、第56回日本推理作家協会賞を受賞。日本推理作家協会、日本文芸家協会員。産経新聞書評担当。

×閉じる

ルアー&フライ フライフィッシング

フライのエッグを自作してみよう

私は腰の重い毛鉤釣り師です。解禁になったら一般河川へ、暇ができたら管理釣り場へと夢想しつつ、いざとなったら仕事にかまけていたり、面倒に思ったりしてしまう。当然、こまめにタイイング材を買い揃えるのもおざなりで、いざ釣行と決定した際に毛鉤が足りなくて閉口してしまいます。

前夜にあわてて毛鉤を用意するのは気の重い作業なので、できるだけ簡単に毛鉤を巻く方法を常々、考えています。そんなズボラな毛鉤釣り師の成果として、フライの中でも「やっぱりあれば安心」となるエッグのタイイングを紹介しましょう。

フックにヤーンを結び止めるのが肝

エッグの巻き方は多くのタイイングブックにはヤーンを何回もフレアさせて巻き止め、各種ヘアカディスの頭のように球状に刈り上げるようにと指示されています。これは意外と手間暇がかかるし、クズが出て厄介です。そこをなんとかしようと開発したのが名付けて「インスタント・エッグ」。タコフライの亜種で、必要なマテリアルはヤーンだけです。また材質も色もお好み次第。それではさっそく手順を以下に。

1.スレッドをハリのベント方向に下巻きした後、ヤーンを適量取り、エッグを作りたいところでシャンクに結びつける。つまりシャンク上に小さな球(核)を作る。ヤーンは細く、数cm程度の紐状に。適量を数度、試すこと。

フライお得帖:あれば安心『エッグ』の簡単自作術 材料費はたったの6円ヤーンを紐状にしてシャンクに結ぶ(提供:WEBライター・浅暮三文)

2.ヤーンを作った核のすぐ後で止める。アイの方向にある余分はカット。スレッドをアイの方に戻す。結果、ヤーンはハリの尻尾のように残る。

3.尻尾のように残ったヤーンを広げて核を包む。エッグ状になるように(ハリの下部も丸く)しながらヤーンをアイの方に持っていく。

フライお得帖:あれば安心『エッグ』の簡単自作術 材料費はたったの6円ヤーンを広げて核を包む(提供:WEBライター・浅暮三文)

4.核を包んだヤーンをスレッドで数度、巻き留めてフィニッシュ。余分をカットして完成。

フライお得帖:あれば安心『エッグ』の簡単自作術 材料費はたったの6円スレッドで巻き留め、余分をカットすれば完成(提供:WEBライター・浅暮三文)

次のページでは作成時のポイントを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。