陸っぱりライトゲーマー的サカナ「下処理法」 胃袋チェックも忘れずに

陸っぱりライトゲーマー的サカナ「下処理法」 胃袋チェックも忘れずに

「自分で釣った魚を、おいしく食べたい」という夢をお持ちの方も多いのでは。それなら手軽なライトゲームを始めてみよう。ここではサカナの下処理について紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

胃袋の中身でベイト分析

何度か捌いて調理することを続けていると、ちょっと余裕が出てきて、魚が何を食べているかを分析することもできる。胃袋(大体、灰色っぽい小さな袋)をきゅっと絞ると、何かが出てくる。出てこないときは、ほぼプランクトンパターンだ。ザラザラした何かが出てきたら、それは消化されたベイトである。小魚が出てきたら、ベイトフィッシュパターン。次の釣りにフィードバックできる。

先日はちょっと面白いことがあった。カサゴから小エビが、そのまんま出てきたのだ。

陸っぱりライトゲーマー的サカナ「下処理法」 胃袋チェックも忘れずにそのまんま出てきた小エビ(提供:WEBライター・井上海生)

ああ本当に海の魚ってエビが好きなんだな、と思う瞬間であった。

話が逸れるれけどエビは人が食ってもおいしいものだ。道理で魚が好きなわけである。

おいしく食べて釣りが楽しくなる

釣った魚は調理して食べてこそ、また釣りが好きになる。ご褒美のようにアジ、メバル、カサゴというターゲットはおいしいし、大型魚と比べて手間もかからない。ライトゲームはそういう面でもいい釣りだ。釣って楽しい、食べておいしい。そして海におけるルアーフィッシングの基礎のすべてが詰まっている。アジ、メバルを釣って食べて、「面白い」と思ったら、得た経験値とマニュアルを基本に別の釣りに派生させ、ステップアップしていこう。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。