【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?

【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?

クロダイ(チヌ)、キビレの魚影が濃い大阪南港では真冬でも彼らが登場する。狙って釣ることは難しいが、ライトゲームのゲストとしてよく襲来するので準備をしておこう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトゲームのゲスト・クロダイ

大阪南港は、真冬でもクロダイ(チヌ)やキビレがうようよいるエリアだ。春から夏以上に活性が高い日もあり、1日に3尾程度ヒットすることもある。いや、活性が高いというよりは、リグが目の前にいったものが、この時期のライトゲームの基本の「超スロー」に見えて、たまらず口を使うのだと思う。

マイクロベイトパターンなのか、1.5inch級にワームに食ってくる。これも断言できないところがあり、この時期のアジ・メバル相手の基本となる1.5inch級ワームにただ食うだけかも……。もちろん2inch級にも食う。ただ2inchで狙うとスカされることもあるので、あくまでゲストフィッシュと考えよう。

【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?2inchアジングワームにキビレ(提供:WEBライター・井上海生)

チヌの襲来ポイント

真冬のチヌとキビレは、どこについているか。筆者の経験上、「点在している」という感じがする。常套のキワに面でついているのではなくて、海のそこかしこに点でついている。

定番のボトム

下の画像のものは、常夜灯下のアジングをしているとき、オープンウォーターに投げてボトムで突然反応したものだ。3秒くらいやり取りして、アジではないなと分かった。

【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?常夜灯下で突然のキビレ(提供:WEBライター・井上海生)

表層で食うことも

また、ボトムだけがポイントではない。下の写真のチヌは、メバリング中に表層で襲来した。

【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?真冬のチヌは表層でも突如釣れる(提供:WEBライター・井上海生)

まさしく「点在」なのだ。いきなり食ってくるが、落ち着いて対処すれば確実に獲れる。

掛かったら全力でやり取り

上述したように、真冬のチヌを狙って釣るのは難しい。大阪のチヌといえば淀川で真冬にもチニングのアングラーがいる。超アタリ年らしく、まだトップで出るという話を聞いているが、これは例外だろう(ちなみにその他の魚は海にまったく入っていない)。

基本的に真冬のチヌは、ライトブリームで狙って釣ることはできない。アジ、メバルのゲストとして襲来したものを、なんとか獲るしかない。私にとっては、「やれやれ」と思いながら、まあ獲ってやるか、とやり応えのあるゲストだ。もちろん獲れなければ、猛省する。しかし獲れても、歓喜に震えるものでもない。それより魚を蘇生させ早くリリースしたいところだ。

真冬のライトブリーム。パターンはほとんどないが、キワのリトリーブや、アジングのボトムでよくバイトがある。掛けた瞬間に猛烈な引き込みで「来たな」と大体分かるので、ライトラインをいたわりながらやり取りして、ランディングに持ち込みたい。

次のページで覚えておきたい「ライン別の攻略法」!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。