【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?

【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?

クロダイ(チヌ)、キビレの魚影が濃い大阪南港では真冬でも彼らが登場する。狙って釣ることは難しいが、ライトゲームのゲストとしてよく襲来するので準備をしておこう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ラインセッティング別の攻略法

以下、ラインのセッティング別の真冬のチヌ・キビレの攻略法である。

PEラインでのやり取り

PEラインの場合、0.25~0.3号を使用していれば確実に獲れる。ドラグを緩めに入れ直して、魚をじっくりと泳がせよう。白身の魚はそのうちにバテて上がってくる。水面に浮くと暴れることがあるが、それ以上水中に突っ込む力を失くすと、ただ浮いたままの状態となる。

そこまで弱らせてはじめて、ドラグを少しだけ締めて、ランディング可能な足元まで寄せてくる。そして、タモ入れ直前は必ずドラグを再び緩くする。サオ先とラインとの角度が90度に近いところが、一番ドラグが効かない。何かの拍子に外れるので、緩くして入れる。

エステルラインでのやり取り

エステルラインの場合、0.3号あれば間違いなく獲れる。0.2~0.25号は、0.25号ならほとんど確実だが、0.2号はかなり大事にいかなければいけない。0.2号はほとんどアジング(または管釣り)専用なので、張力限界は1lb程度で、非常にもろい。ドラグの調整が少しでも強く入っていると、ラインブレイクする。

取り込みには5分かけるイメージでいこう。泳ぐうちは泳がせておけばいい。ドラグを緩め緩めに設定しておけば、まずブレイクすることはない。バテて浮かんできたら、ドラグを少しだけ強く入れ直そう。ロッドの力というよりは「腕とロッドの力」でじわーっと慎重に招くように寄せる。

取り込みに関しては、PEライン使用時と同じだ。最後の最後は緩く。これで大丈夫だ。

応用&注意点

最後にいくつか補足をしておこう。

余裕があれば「追いアワセ」を

しっかりとハリ掛かりしている自信がなければ、魚をロッドの制御内においてから、一度サオ先を軽く煽って(もちろんドラグを滑らせながら)「追いアワセ」を入れよう。これで外れない。

タモだけは必携

ライトブリームゲームでは、タモだけは必携である。これがなければ取り込みができない。

と言いながら、実は私は先日、不意に襲来した47cmのチヌを、タモを忘れていてプライヤーでランディングした。チヌは口が小さいので、フィッシュグリップでは掴めないのだ。

低い位置が近くにあるなら、そこに魚を連れていって取り込むのも手だ。

【大阪南港2021】厳寒期のクロダイ攻略術 狙っては釣れないもの?プライヤーで取り込み(提供:WEBライター・井上海生)

襲来は夕マヅメから夜に多い

チヌは夕マヅメ~夜に活性が上がる。この時間帯はヒットする可能性が高いので心の準備を。

また、3時以降とか、本当にそういうド深夜も突如掛かることがある。私も実は最初の年無し(50cm超え)は深夜に獲った。いやはや、チヌはいつ眠るのだろうか。日中も食うし……。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
大阪南港

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。