【茨城2021】鹿島沖タチウオ釣り入門 冬の「幽霊魚」は期間限定?

【茨城2021】鹿島沖タチウオ釣り入門 冬の「幽霊魚」は期間限定?

今年も鹿島沖にタチウオ襲来。群れを捉えた船では連日好釣果が上がっている。今回は、エサ&ルアーの基本タックルと釣り方について紹介しよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:幸栄丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

船タチウオ釣りのタックル

ルアー、エサともに、東京湾などほかの海域で使用しているタックルがそのまま流用できる。シャクリや低速での一定巻きなどを多用するので、リールは両軸タイプが使いやすい。

【茨城2021】鹿島沖タチウオ釣り入門 冬の「幽霊魚」は期間限定?タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

エサ&ルアー

天ビン仕掛けの場合、エサはサバの切り身など。テンヤの場合は、イワシを持参するように。ルアーはメタルジグが基本だが、昨年はワームのジグヘッドで好釣りした例もあるようだ。

【茨城2021】鹿島沖タチウオ釣り入門 冬の「幽霊魚」は期間限定?本命キャッチ(提供:植田丸)

誘い

天ビン仕掛け、テンヤ、ルアー釣りでも共通しているのが、仕掛けを動かして誘う点。シャクリ上げてはリールを巻いて竿を下ろし、再びシャクるワンピッチワンジャークや、あえて竿は動かさず一定のスピードで巻き上げることが有効な場合もある。

【茨城2021】鹿島沖タチウオ釣り入門 冬の「幽霊魚」は期間限定?ジグで仕留めた(提供:植田丸)

速さや動きの大きさ、間隔などなど、さまざまなアクションを試して、そのなかで反応がいい「当たりパターン」をいち早く見つけ、アタリが遠くなったら、これまでのアクションに固執せず次のパターンを探ぐる柔軟性も求められる。

次のページは鹿島沖の釣況&今後の展望を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。