今さら聞けないメバリングのキホン:実は重要なポイントの「見切り方」

今さら聞けないメバリングのキホン:実は重要なポイントの「見切り方」

メバルは目が利く魚で、一度見たものを食わせるのは至難の業。そこで重要となる「釣り場の見切り方」について考えてみよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

高活性時で見切る場合も

メバリングでは、一箇所で立て続けに魚が出ることもある。非常に高活性で、魚の目が利く云々というのがまったく関係ないような海の場合だ。そういうときには、ちょっと動くのが億劫になってしまう。それに、動いた先で釣れる保証もないし……。

しかし、筆者はそういう超高活性時でも場所を見切る。そのタイミングは、「自分が疲れたとき」だ。自分が疲れる、すなわち多投しているのだから、確実に魚にもプレッシャーがかかっているはずなのだ。

超高活性時には同一エリアを打ち続けるよりも、思い切って場所を移ってしまうのも手である。筆者の印象だが、メバルが超高活性のときには、アジも相当いい。理屈がないわけでもない。おそらく、水温が多少高いのだ。メバルの適水温14度、またはアジの適水温15度に近いのかもしれない。よって常夜灯下に移って、アジングに変えるのもアリだ。

今さら聞けないメバリングのキホン:実は重要なポイントの「見切り方」メバル超高活性時はアジもいいかも(提供:WEBライター・井上海生)

ランガンでテンポよく

尺級、20cm後半といった良型をのぞいて、メバルは漁港や波止の一帯に、まあ多少の密度の濃い薄いはあるだろうが、満遍なく付く。テンポよくランガンで釣ってしまおう。メバルは冬の釣りなのだから、動きながら釣った方が多少体も温まるだろうし、ランガンしていく中でうまく風裏も見つけられるかもしれない。また新ポイント発掘にもつながるはずだ。

今さら聞けないメバリングのキホン:実は重要なポイントの「見切り方」メバルは足で釣り稼ごう(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。