【2021東海】ライトゲームロッド流用可能な『ヒイカエギング』が面白い

【2021東海】ライトゲームロッド流用可能な『ヒイカエギング』が面白い

冬場になると産卵のために接岸して楽しませてくれるのがヒイカだ。今回お勧めしたいのはエギを使ったヒイカ釣り。昨年末の釣行模様と合わせて紹介したい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ウールふ頭で狙うヒイカ

釣り場三重県・北勢地区のお勧めポイントは四日市市の霞ケ浦にある通称・ウールふ頭。平日も釣り人が多く、週末は満員御礼となる人気の釣り場だ。

【2021東海】ライトゲームロッド流用可能な『ヒイカエギング』が面白いポイント図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

ヒイカ釣りのタックル

次にヒイカ狙いのタックルを紹介しよう。

ロッド・リール・ライン

メバリングやアジングロッドの7ft前後を流用。1000~2000番の小型スピニングリールに、ラインはPEライン0.3~0.6号、リーダーはフロロカーボンライン0.8~1.5号1m。

【2021東海】ライトゲームロッド流用可能な『ヒイカエギング』が面白いタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

エギ

エギは1.5~2号のヒイカ用で、定番のピンク、オレンジ、ナチュラル系。夜釣りが主体なので夜光、ケイムラなども準備したい。

【2021東海】ライトゲームロッド流用可能な『ヒイカエギング』が面白いエギは複数の種類を準備(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤拓摩)

投光器・ライト

漁港や堤防の常夜灯周りも釣れるが、投光器を使った方が有利。発電機式と充電式があり、一長一短だが使い勝手のいい充電式でいいだろう。

その他手元や足元を照らすヘッドライトやランタン、手を洗ったり釣れたヒイカを入れる水くみバケツやバッカン、手拭き、タモ網、寒い時期なので防寒対策も忘れずに。

次のページは実釣編でヒイカ登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。