伊勢湾ジギングで青物白熱 ブリ不発もワラサが乱舞【愛知・隆盛丸】

伊勢湾ジギングで青物白熱 ブリ不発もワラサが乱舞【愛知・隆盛丸】

青物絶好調の伊勢湾ジギング、この波に乗り遅れまいと釣行した。船中ではほとんどの人がワラサを手にしており、ブリは出なかったものの十分満足のいく結果となった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

隆盛丸でジギング

青物絶好調の伊勢湾ジギング。12月中旬、お世話になったのは、愛知県蒲郡市西浦漁港の隆盛丸だ。暗いうちに港に着き、早速準備を整えて船に乗り込む。目指すは伊良湖沖のシャローエリアだ。

30分ほどでポイントに到着すると、大規模なトリヤマが目に飛び込んできた。急行すると、ベイトのイワシを追い回して鳥が次々海にダイブしている。

ところが期待とは裏腹に、この雰囲気満々のトリヤマに青物は着いていないようで、船中ノーヒット。

第1幕はワラサとハマチの連鎖ヒット

やむなく隆盛丸は伊良湖方面に向け、再び走りだした。だが湾口が近くなるにつれて、波がどんどん高くなっていく。ポイントに到着した時は、立っているのがやっとなほど。

だが、周りの船ではルアー、エサ問わずあちこちでタモが入っている。こりゃビビっている場合ではないと、皆ロッドを握ってジグを落とす。

ほどなくミヨシでヒットコール。さらに胴もサオが曲がり、いきなりの連鎖ヒットだ。上がってきたのはワラサ。

だがヒットがトモまでくると、ワラサがハマチになってしまった。どうやらワラサとハマチが混成しているようだ。

伊勢湾ジギングで青物白熱 ブリ不発もワラサが乱舞【愛知・隆盛丸】大波のなかワラサゲット。この後船上はお祭り騒ぎ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

ヒット続きお祭り騒ぎ

その後も流し直すたびに船中でヒットが続く。船長もタモ入れで大忙しだ。だが、厄介なのはこの大波。釣りが不可能なほどではないものの、魚を絞めるたびに下を向くので、船酔いする人もちらほら出てきた。

それでもジグを落とせば魚はヒットするのだから、休むに休めない状況。うれしいのかつらいのか分からないが、とにかくお祭り騒ぎだ。

伊勢湾ジギングで青物白熱 ブリ不発もワラサが乱舞【愛知・隆盛丸】神谷さんはワラサのほかハマチ2ケタ突破(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

第2幕フィーバーで爆釣

やがて鳥が散ってヒットも散発になってきた。時合い終了か…というタイミングで、心なしか波の高さも落ち着いてきたようだ。

この時点でほとんどの人がワラサを手にしており、ハマチにいたっては2ケタ釣果の人も。時間は残っているが、もう帰ってもいいな…と思っていると、今度は少し沖でトリヤマが発生。周りの船も一斉に急行する。

ここからお祭り第2幕の始まりだった。水深が35mほどなので、ここではスパンカを上げて船を立てる。これで横揺れが少し落ち着き、船酔いしていた人も復活。

第1幕ほどのフィーバーぶりではなかったものの、こちらも流すたびにサオが次々曲がる。やはりワラサとハマチの混成で、さらに釣果を追加して午後1時に終了。爆釣劇の幕が下りることとなった。

伊勢湾ジギングで青物白熱 ブリ不発もワラサが乱舞【愛知・隆盛丸】水浦さんはワラサ3匹をキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページでヒットルアーとタックルを紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。