『ティップランエギング』でキロ級含めてアオリイカ8尾【佐賀・Wingar】

『ティップランエギング』でキロ級含めてアオリイカ8尾【佐賀・Wingar】

12月中旬、佐賀県東唐津港から出船の、Wingarを利用してティップランエギング。「12月からは釣果も上向きになって良い感じだ」との園田船長の言葉通り、全員安打の釣行となった。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップランエギング

前回11月に訪れた時は、かなりのタフコンディションだったが、12月に入りぼちぼち釣れだした呼子沖のアオリイカ。

『ティップランエギング』でキロ級含めてアオリイカ8尾【佐賀・Wingar】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

12月上旬の中潮。再びこの地を訪れた。釣行当日は平日にも関わらずWingarは満船。午前7時に出船、30分ほど走りポイント到着。水深は20m前後。風はなくキャスティングティップラン。船中、小型ながらバタバタと釣れ良い感じ。先月が嘘のようだった。

ビギナーにキロ超アオリ

ポイントを転々とし、大型実績のあるポイントに入った。気合いを入れてシャクり続けたが誰にもアタらず移動。

ここは程良く風もありティップランには好条件。初挑戦の同船者にキロアップがヒット。

ぽつぽつと船中で釣れているが、私にはアタらない。この時、ヒットしていたエギはみんなパタパタだった。私は普段、エギ王TRを愛用している。薗田船長が「パタパタの足の波動が効いているようだ」と語っていた。エギをパタパタにチェンジしたが時すでに遅しだった。

ケイムラ系でキロ級2尾

ポイント移動。正午すぎ。パタパタにもアタらなくなったため、エギ王TR3.5号(てこね)にチェンジ。少し深かったため、TRシンカー7gをプラス。ケイムラ系が良いのか、多彩なアタリを体感できキロクラスを2尾キャッチ。

『ティップランエギング』でキロ級含めてアオリイカ8尾【佐賀・Wingar】1kg級特有の強い引きを堪能(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

全員安打の釣果に

全員安打で納竿時間を迎えた。私の釣果はリリース含め8尾キャッチしたが、次回釣行時のよい課題ができた。

『ティップランエギング』でキロ級含めてアオリイカ8尾【佐賀・Wingar】同船者にもこのサイズが(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川 徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Wingar
出船場所:唐津西港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。