今さら聞けないメバリングのキホン:最適なリール「番手」と「ギア比」

今さら聞けないメバリングのキホン:最適なリール「番手」と「ギア比」

メバリングにおいてリールは2000番台が適切である。ギア比はノーマルが基本。その他メバリングにおけるリーリングなどについて、番手選びの理由などから紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバリングのリール番手

メバリングではリールは2000番ノーマルギアを使用することが多い。メバルロッドとのバランスを考えて、一般的にはこれでいく。ただし、例外的にギア比についてはハイギアを持ってくるアングラーもいる。磯などのメバリングで、掛けてから早く勝負しなければならないシーンで、巻き取り量の多いハイギアは強い。

流用タックルということで考えれば、アジングタックルが最もベーシックだろうか?この場合、番手は1000番にもなるだろう。これはこれでいい。ただアジングではエステルラインを使用することが多いので、最低でも号数は0.3号は欲しい。尺メバルの抜き上げまで、ぎりぎりなんとかなるか?という号数だ(抱卵個体は無理で、必ずタモがいる)。

アジングタックル流用時

アジングタックルをそのまま専用タックル的に使うこともできる。ただその場合は、1シーズン目はともかく、ゆくゆくかえスプールを購入した方がいい。PE0.3号を巻くスプール。メバリングでは一般的にPEが有利だし、アジングと違ってキワ打ちが基本となるので、シーバスやチヌといったビッグゲスト襲来の可能性が高い。これをフィネスで安定して獲れる号数が、0.3号のPEだ。そういう意味でも、かえスプールの購入を検討してみてほしい。

今さら聞けないメバリングのキホン:最適なリール「番手」と「ギア比」アジングロッド流用はいずれかえスプールを(提供:WEBライター・井上海生)

ロッドとのバランス

ちなみにメバルロッドに1000番を使う、これもありえないことではない。特に6ft台のショートロッドの場合は、軽さに物を言わせて1000番、アリだろう。ただし専用ロッドとのバランスでは、2000番である。バットガイドへのライン収束を考えたときに、1000番では少しスプール径とガイドの大きさが合わないのだ(2mm程度)。

バサーなら2000番ハイギアまたは2500番流用、それももちろん可能だ。大事なのはロッドとのバランスなので、番手選びに関してはロッドとのマッチングを考えていきたい。

ラインシステムはPEを

メバリングにおいてベストなラインシステムは、PEだ。筆者としては、これ以外にないとも言いたい。今はフロロがやたらと推されているが、これはビギナー向けだ。そしてフロロで通していると、やがてメバリングから他の釣りがしたくなったとき、PEに慣れるのに相当苦労するはず。「リーダーを結束する」、この部分で「?」になってしまう。

釣りをする上でもPEにすべてにおいて分がある。感度、強度、そしてキャスト距離。ジグ単はもちろん、プラッギングも自在に操れるのは、PEラインだけだ。特にメバルはプラグを使用する場面も多いので、メインラインはPEラインでいきたい。

次のページではリーリングについて解説

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。