『メバリング』ステップアップ解説:バス用2inchワームで大型魚攻略

『メバリング』ステップアップ解説:バス用2inchワームで大型魚攻略

大型メバルは専用の1.5inch級のワームより、「カタマリ感」とでもいうべきものを選んで食ってくる。そこで持ち込みたいのが、ブラックバス用ワームの2inch級だ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「イモ」になりやすい

バスワームをメバリングに使う上で悩ましいのは、シャッドテール、グラブのイモ化だ。特にカサゴは悪さをする。歯で噛み切る場合もあるし、のまれて外すときに切れてしまったり。

ただイモになってしまっても、カサゴは問題なく釣れる。私はイモ化したワームも捨てたりしないで取っておいて、なんでも釣れる活性のときに、同様になまったジグヘッドと組み合わせロスト要員として使用している。別になくしてもいいや、という気持ちになれば、イモにも使い道はある。

ただ、そういえばメバルをイモで釣ったことはない。反応しないことはないと思うが。

オプションとしてオススメ

バスワームはソルトでも十分有効だ。私はチヌにも使用するし、カサゴゲームも最近はバスワームオンリーだ。

現在市販されている製品は、長年研究されてきたルアーフィッシング界のワームの最新版なので、それは素晴らしいスイミングをする。巻いてよし、止めてよし、漂わせてよし、確実に有効なオプションだと思うので、メバリングにもぜひ使用してみていただきたい。

『メバリング』ステップアップ解説:バス用2inchワームで大型魚攻略2inchバスワームは必携(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。