タイラバゲームで50cm級頭に船中33匹 美形マダイ続々【三重・丸安丸】

タイラバゲームで50cm級頭に船中33匹 美形マダイ続々【三重・丸安丸】

12月9日、三重県鳥羽市小浜出港の丸安丸からタイラバ釣行。50cm級頭に「美形マダイ」が船中33匹となった釣行をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・出口和弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

丸安丸でタイラバ

12月9日、三重県鳥羽市小浜出港の丸安丸からタイラバ釣行。同船者はタイラバの面白さにハマり、何度計画しても風波が強く中止が続き今回3度目でやっと実現した有田正也さんと櫻井健太朗さんだ。

前夜は興奮して眠れなかったという、やる気満々の釣り人を乗せて出船。釣り場は出港後7分で到着した菅島水道入り口だ。桃取水道、加布良古水道の複雑な潮流がぶつかり合うゆえに、尻尾の大きな身の締まった美形マダイが育つ絶好の場所である。

50cm級頭に美形マダイ続々

実績のあるオレンジ、レッドの細身ストレートネクタイで開始する。強風と波があって寒さも加わり、釣りにくいなかパラシュートアンカーの効果で、80gのシンカーで最適な流れだった。

1時間ほど打ち返した後、ようやく私にアタリがあって50cmの美形マダイをゲットした。胴の間の有田さんたちも、30cm級の焼きサイズ主体に数を伸ばしていく。

タイラバゲームで50cm級頭に船中33匹 美形マダイ続々【三重・丸安丸】美形マダイ手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・出口和弘)

モスグリーンのババ色ネクタイ(名付け親は丸安丸の小浜船長……多分。)にもよくアタリがあり、有田さんに53cmがきた。このポイントではヒット後のバラシが皆無で、全数取り込めていた。

赤色系がマッチ・ザ・ベイト

3時間後、風波が収まってアタリが遠のいたので、さらに内湾寄りの三ツ島沖へ移動。平素は観光船が行き来して気が抜けないが、コロナの影響で往来が激減して釣りやすい。海上保安庁の巡視艇が近くを通過するが、船長の指導で救命胴衣着用が徹底しているので問題なしだ。

タイラバゲームで50cm級頭に船中33匹 美形マダイ続々【三重・丸安丸】浅場でキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・出口和弘)

水深28~35mの起伏の少ないポイントながら、櫻井さんが52cmの美形マダイをゲット。船長のアドバイスによれば、この時期カニやエビを食っているから、赤色系がいいらしい。この言葉に従って単色赤で投入直後、ちょっといい引きに慎重にやり取りして、この日最長寸の58cmが釣れて午後2時に終了した。

釣果は30~50cm級主体にマダイが船中33匹、マゴチ2匹という好釣果だった。

<週刊つりニュース中部版 APC・出口和弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
丸安丸
出船場所:鳥羽市小浜町
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。