オフショアジギングで良型青物好調 今後はヒラマサに期待【征海丸】

オフショアジギングで良型青物好調 今後はヒラマサに期待【征海丸】

茨城県波崎港の征海丸からオフショアジギングで、ヒラマサ・カンパチ・ブリなどの青物を狙った。新年からの展望と攻略に役立つ情報をお届けしよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

征海丸でジギング

茨城県の征海丸は周年ルアーゲームで出船しており、私が訪ねた12月18日も平日にかかわらずジギングファンで船中賑わっていた。事前情報としては、私が行った日の数日前にはカンパチが好調で、トップで20本ほど釣れている日もあった。

夜明け前の5時30分頃に出船、ポイントまではゆっくり進み、午前7時頃実釣開始となった。

オフショアジギングで良型青物好調 今後はヒラマサに期待【征海丸】夜明け前に出船(提供:WEBライター・古谷健太)

早々にワラサ連発

初めの2流しは空振りとなったが、3流し目に強烈なヒット、上がってきたのはコロコロと太ったワラサであった。

続いて4流し目にもヒット、同型くらいのワラサが上がった。

オフショアジギングで良型青物好調 今後はヒラマサに期待【征海丸】まずはワラサをゲット(提供:WEBライター・古谷健太)

その後も流すたびにヒットが続くが、サイズがイナダクラスに落ちてしまった。ただ、当たる流しは1投目に船全員の竿が曲がるような状況で、2投目からは沈黙といった感じではあるが、1日飽きないくらいに高活性と言える状況であった。

こういった流しが続き、午後1時30分頃に船長から帰港の声がかかった。ここまで最初の2本のワラサを含め、合計7本の釣果となった。十分な釣果でのんびり昼寝をしながら帰港の途に着く……はずだった。

急遽キャスティングゲーム開幕

帰港を始めて15分ほどした頃、ミヨシの方がナブラを発見した。帰港の途中であったが、船長は少しの寄り道を決定。乗客みんながすぐにキャスティングタックルの準備を始めた。

私はジギングロッド1本しか持ってきていない上に、タックルボックスには偶然入っていた小型のミノーしかなかったが、この状況で指をくわえてみているだけにはいかないので、手早く準備し、ナブラが射程距離に入るのを待った。

ゲリラキャスティングの1流し目、他の方が「さすが外房」という感じの大型ミノーをキャストする中、私も半分くらいのサイズのミノーを投げる。

ミノーで90cm級サワラ

着水から手早くトゥイッチを数回入れてからのジャークで「ドスっ!」という重たい手ごたえと共に、パワーよりもスピード感のある走りが伝わってきた。慎重に寄せてくると、ナブラの正体は90cmクラスの良型サワラであった。

オフショアジギングで良型青物好調 今後はヒラマサに期待【征海丸】良型サワラが登場!(提供:WEBライター・古谷健太)

どうやら偶然私の持っていたミノーがマッチザベイトしたようで、続くキャスティング2流し目、着水からの数回のトゥイッチ、そして「ドスっ!」。

まさかのヒット率100%で同型のサワラをキャッチした。偶然発見したナブラで偶然入っていたミノーで奇跡のキャッチ、興奮で帰港までの昼寝はお預けとなってしまった。

最終釣果

最終的には良型サワラ2本、ワラサ・イナダが7本と好釣果に恵まれた釣行であったが、ヒラマサ・カンパチといった他の青物には出会えずに終わってしまった。

オフショアジギングで良型青物好調 今後はヒラマサに期待【征海丸】最終釣果(提供:WEBライター・古谷健太)

次のページで今後の攻略法を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。