落とし込み終盤戦でヒラマサ好捕 アワセ方がキモ【佐賀・第三天童丸】

落とし込み終盤戦でヒラマサ好捕 アワセ方がキモ【佐賀・第三天童丸】

12月上旬、佐賀県唐津市呼子町の第三天童丸に落とし込み釣りに行ってきた。例年だとシーズンオフとなるが、本命ヒラマサを無事ゲットできた釣行をお届けしたい。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 宮崎勝太)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第三天童丸で落とし込み

12月上旬、佐賀県唐津市呼子町の第三天童丸に落とし込み釣りへ。朝晩の冷え込みが厳しくなってきたが、今年は例年よりベイトとなるイワシがまだ残っており連日好釣果が続いている。この日も朝からイワシがバンバン仕掛けに掛かった。

落とし込み終盤戦でヒラマサ好捕 アワセ方がキモ【佐賀・第三天童丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 宮崎勝太)

周りでは本命ヒラマサがアタり始め、少しして私にもチャンスがきた!サオ先が暴れ、グッグッとサオ先が海面に刺さりアワセを入れた。本命が掛かり、やり取りをしていると船長から「アワせるのが遅い遅い!それじゃ根に持っていかれて切られるよ!」とアドバイス。魚は無事釣り上げられたが船長のアドバイスに驚いた。

以前、北九州で同じ釣りをした際はサオ先が海面に食い込むまで待ってアワせていたので、ところ変われば釣り方も変わるのを感じた。

サビキ仕掛けの重要性

午後になり潮が緩くなってきたころ、ベイトの反応も少し悪くなり海底に固まるような反応になっていた。こうなると途端にサビキに掛からなくなる。周りではベイトが掛からないという人もいたが、私はベイトを掛けられていた。

見ると使用しているサビキのハリサイズが私より大きかった。細かいところだがハリのサイズ、種類、カラバリタイプやフラッシャーが巻いてあるのかなどでもベイトの掛かりは変わってくる。

私は船匠「ヒラマサスペシャル緑&白」を使用していた。ハリは11号でしかも緑に塗られている。この仕掛けで一日中ベイトを掛けることができたのも好釣果に繋がった。

ベイトが掛かってサオ先が暴れ、海面にサオ先が刺さらなくても芯のあるような「カッ」みたいなアタリを感じ、そこでアワセを入れると見事に掛かり、やり取りが始まった。船長にも「おおー今のタイミングは完璧だよ!」と褒めてもらえた。

アワセのタイミング

感覚的にだがこの海域の本命は下から食い上げてくることが多いようで、そのため、アタリの出方も独特でサオ先が海面に刺さったころにはもう泳ぎだしていて、そこにアワセを入れるとさらに加速するため、泳ぎを止めきれず根に持っていかれることになるのだと思う。

落とし込み終盤戦でヒラマサ好捕 アワセ方がキモ【佐賀・第三天童丸】本命を披露(提供:週刊つりニュース西部版 宮崎勝太)

それをさせないためには釣り人側がベイトに本命が食いついたアタリを見極め、アワセを入れることが釣果に繋がるようだ。私も一度はバラしたものの、その後は本命を2尾追加でき何とか感覚をつかむことができた。

落とし込み終盤戦を楽しもう

例年だともう落とし込みはシーズンオフに入り、ブリジギングや別の釣りにシフトしていくが、今年はもう少し楽しめそうだ。この時期、朝は冷え込むが日中は防寒着を脱げるくらい暖かい日もあったりするので、釣行の際は調整のできる服装で行くことをお勧めする。

第三天童丸は港に戻ると全員分の魚を血抜き、神経ジメまでしてくれる。初心者でもおいしく魚を持って帰れるのでお勧めだ。

<週刊つりニュース西部版 宮崎勝太/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第三天童丸
出船場所:加部島港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。