ティップランエギング絶好調 1kg超含み船中40匹【佐賀・Wingar】

ティップランエギング絶好調 1kg超含み船中40匹【佐賀・Wingar】

12月11日、船からアオリイカを狙え、最近人気の高いティップランエギングに佐賀県・東唐津港のWingarから挑戦してきました。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 赤堀泉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

Wingarでティップラン

12月11日、佐賀県・東唐津港のWingarからティップランエギングに挑戦。昨年初めてティップランに挑戦しましたが苦戦し、自分からアワせて釣った感がなかったので、この日の目標はまず1尾。そして自分でアタリを感じて釣り上げることです。

ティップランエギング絶好調 1kg超含み船中40匹【佐賀・Wingar】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 赤堀泉)

出船は午前7時、ポイントに到着し早速釣り始めました。緊張の第1投、潮はあまり動いていません。水深は20~30m、エギ30gでもきっちりと底が取れます。底に着いたらシャクリを入れピタッと止めます。数回誘って乗ってこなければ再度投入し、新しい場所で同じことを繰り返します。

幸先よくアオリ連打

2投目、誘いを入れてピタッと止めた瞬間にグイッと重みを感じたのでアワせてみました。すると、小型ながらも上がってきたのはアオリイカ。その5分後、私に2尾目。

その次は、サオ先が確実にちょっとだけ海中に引っ張られるような動きをしたためアワせてみると、良い重みが伝わってきました。良型です。そのわずか5分後、さらに1尾追加しましたがエギと同じサイズのかわいいアオリイカ。「大きくなーれ」とリリースします。

ここまでEZ-QフィンプラスTRケイムラレッドパープルを使用しました。同船者も順調に釣果を伸ばしていきますが、活性が低くなったところで場所移動です。

次のポイントでもあまり潮が動いておらず、船長から「もう少しオモリを重くした方がいいよ」とアドバイスをいただきました。時間、場所、潮の流れによってカラーやオモリの重さを変えていくのが釣果を伸ばす秘訣のようです。今度はEZ-Qキャストラトルにパタパタシンカーをセットして試してみました。すると、早速ヒットしイカを追加できました。

見事1kg超アオリキャッチ

さらなる大物を求めて移動します。今度は流れの速いポイント。オモリは重めの40gを使用しました。流されすぎたら回収して入れ直します。すると、隣の人のドラグが鳴ります。上がってきたのは1.3kg!船長によると、最近2kgも上がっている海域のようです。きっと大物の群れが入ってきてるはず。

私も続きたいとシャクリを入れますが、船首側の人たちにパタパタっときました。この時、大型の時合いには残念ながら乗ることができず、その後も誘いを入れていると、今度は触腕がエギを触ったようなアタリ。わずかに持っていかれるような感覚があったのでアワせてみると足1本で上がってきました。

その後、さらにアタリがはっきりでてドラグが鳴りました。これは期待できそうです。逆噴射でなかなか巻けませんでしたが、やがて上がってきたのは1kg級の良いサイズ。やりましたー!当日最大サイズです。再度ポイントを移動します。

ティップランエギング絶好調 1kg超含み船中40匹【佐賀・Wingar】良型好捕(提供:週刊つりニュース西部版 赤堀泉)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。