冬の管理池でヘラ釣り 釣果の決め手はエサ調合にあり【竜田川釣り池】

冬の管理池でヘラ釣り 釣果の決め手はエサ調合にあり【竜田川釣り池】

野池を思わせる風光明媚な竜田川釣り池へ、ヘラブナ釣行。前半は不調だったが、エサの調合をかえてからは好調に転じ、冬場のエサ使いの重要性を実感した。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

森宮清釣

こんにちは。森宮清釣です。今は後期高齢者になり釣りとカラオケが趣味。現在はヘラブナ釣りとフライ、ルアーフィッシングを楽しんでます。

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

竜田川釣り池でヘラブナ釣り

奈良・平群町にある竜田川釣り池。小粒でも元気いっぱいのヘラブナが釣れるから、これらを釣りに遊びに来る人が多くなっている。桟橋がなければ野池そのもの、冬季は野鳥も多く訪れて、鳴き声やきれいなスタイルを披露してくれるのが嬉しい。

冬の管理池でヘラ釣り 釣果の決め手はエサ調合にあり【竜田川釣り池】竜田川釣り池の中桟橋風景(提供:WEBライター・森宮清釣)

釣りの対象となるヘラブナは、自然ふ化した10cm前後の美しい小型から、11月下旬に放流された新ベラは20cm前後から、手応えを十分に堪能できる尺上までだが、時に40cmを超える巨ベラも釣れることがある。釣り方はカッツケ以外は全て可能で、冬季の釣りとしてワラビうどんや尿素うどんを使う常連が多く、段底の釣りやダンゴエサを巧みに使う釣り人も多く、「ヘラブナ釣り道場」と呼ぶ釣り人もいるほどだ。

筆者の楽しみ方

こんな釣り場に惚れ込んでいるのが、私と釣友の喜多さんなのだが、特徴はいつも良く釣れるエサを、食いが「超渋」の時しか使わずに、普段は状況によって様々なエサを工夫して釣ってみる……というのが私たちの楽しみ方である。

12月5日にもこの釣り場で喜多さんと遊んできたが、前半は不調過ぎて欠伸連発で退屈した時間帯だった。しかし、昼前から徐々に食いは上向いて、喜多さんはハイペースで竿を曲げていた。

冬の管理池でヘラ釣り 釣果の決め手はエサ調合にあり【竜田川釣り池】小型ながら喜多さんはハイペースで(提供:WEBライター・森宮清釣)

私の仕掛けは竿が13尺、道糸1号、ハリス0.4号、ハリはプロスト4号にして、両バリとも床に少し這わせて釣る床釣り。エサはグルテン系で様子を見ることにしたが、開始時に選んだエサは、ヘラ餌本舗のペレ匠グルテン底50cc、寄せグル50ccをチョイス。重たいエサを使って床でじっくり待って釣ろうという考えだった。

エサの調合を変更

だが、釣れるはずのエサにもかかわらず、アタリ一つ出ない有様。隣の喜多さんはグルテンベースで麩エサを混ぜて調子良く竿を曲げているので、焦りが出てなおさら釣れない状況だ。

このエサにバラケマッハを25ccにα21を25cc足し、うんと柔らかくして使用してみた。エサが床に落ち着いて30秒くらいだろうか、やっと待望の「ツン」が出て明かりが灯ったような……。

冬の管理池でヘラ釣り 釣果の決め手はエサ調合にあり【竜田川釣り池】小型の新ベラ(提供:WEBライター・森宮清釣)

エサが合えば連発

嬉しさのあまり強いアワセになったが、タモに収めたのは25cmくらいのきれいな新ベラ。このクラスが立て続けに釣れて大喜びしたのだが、釣友の喜多さんは尺近い大物まで釣って、私を大きく引き離し、早々と2ケタの釣果。

しかし、このエサの調合がヘラブナの口に合ったようで、次第に追い上げ、後2匹で同数というところまで近付いたものの、あえなく時間切れを迎えてしまった。

冬の管理池でヘラ釣り 釣果の決め手はエサ調合にあり【竜田川釣り池】新ベラは無傷できれい(提供:WEBライター・森宮清釣)

このエサの効果はバラケマッハにあるようで、特有の匂いでジワリと寄せて、溶けて床に半分広がった同じ匂いのするエサを、ヘラブナに食わせるという釣り方(多分)。真偽のほどは分からないが、良く釣れたので成功としておいた。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
竜田川釣り池
所在地:奈良県生駒郡平群町

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。