今さら聞けないシンカーのキホン:「タングステン」と「鉛」の違いは?

今さら聞けないシンカーのキホン:「タングステン」と「鉛」の違いは?

流通している鉛のオモリ(シンカー)のほかに、タングステン製のシンカーがあるのをご存知ですか?今回は鉛製とタングステン製のシンカーの違いを説明したいと思います。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・川上克利)

川上 克利

身近で楽しめる釣りを主に執筆していきたいと思います。個人的には淡水の釣りが多いですがソルトゲームも手を出します。

×閉じる

その他 お役立ち

タングステンのデメリット

タングステンシンカーを使うデメリットについても書いていきたいと思います。タングステンは希少金属のために鉛に比べて非常に高価です。根掛かりなどが多いポイントでタングステンシンカーを使うと、非常にお金がかかります。物にもよりますがタングステン製のシンカーひとつで1000円近くするものまであります。なのでタングステンシンカーはここぞという時のみ使うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?タングステンシンカーは高価ですがここぞという時に威力を発揮する強い武器になります。使い所を見極めて有効活用するようにしましょう。

<川上克利/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。