波止エギングでミズイカ&モンゴウ手中 ベタ底でヒット【熊本・天草】

波止エギングでミズイカ&モンゴウ手中 ベタ底でヒット【熊本・天草】

熊本県天草市のエギングが面白くなってきた。特に倉岳町や栖本町周辺の漁港がよく釣れるようだ。2時間ほどの短時間でも楽しめた釣行をレポートしよう。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

猪子田漁港でエギング

11月20日に釣行した際は、2時間ほどでミズイカ(アオリイカ)とモンゴウイカの好釣果に恵まれた。当日は午後から天気が崩れる予報で、午前中が勝負と見て天草方面へ車を走らせた。

途中、山本釣具センター大矢野店に立ち寄り、エギを購入するついでに釣況などをたずねた。すると「倉岳以南の港なら、どこでも期待できる」とのうれしい情報。期待を胸に釣り場へ向かった。

まずは宮田漁港を訪れると、先客がずらり。次に少し先の猪子田漁港に行くと、外波止にエギンガーが2人いたので、港内の岸壁を探ってみることにした。

ミズイカ&モンゴウイカ登場

エギはゆっくりと沈むドローフォーを使う。海中での降下時間が長いので、イカへのアピール力も抜群だ。キャスト後はカーブフォールさせ、着底させた。速いピッチでシャクリを入れると、すぐに乗った。上がったのは250gほどのミズイカだ。

波止エギングでミズイカ&モンゴウ手中 ベタ底でヒット【熊本・天草】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

アタリは断続的だが、同じ要領で同型のミズイカとモンゴウイカを追加し、この日のパターンを見つけた。しかし型がほしいので、ステイを長くしてベタ底を攻めてみた。その1投目だった。ずっしりとした重量感が伝わり、グイグイと沖に走る。

身切れを防ぐよう慎重に寄せると、ラグビーボールサイズのモンゴウイカが浮上。水面でスミを吐かせ、タモに収めたのは500gを超える良型だった。その後はアタリがなくなり、納竿。わずか2時間ほどのサオ出しだったものの、満足のいく釣果に恵まれた。天草のイカは、例年1月いっぱいまで期待できる。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
猪子田漁港
問い合わせ:山本釣具センター大矢野店 TEL=0964(59)0016
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。