ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】

福岡・芦屋沖へ釣友のボートで釣りに出かけた。ジギングで高級魚アラや落とし込みでヒラマサ、SLJでマダイなど多彩な釣りを満喫できた釣行をレポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

芦屋沖でボートジギング

11月14日、釣友の大島さんのボートでジギングに行った。メンバーは船長の大島さん、粂橋夫婦と私の計4人。芦屋(福岡県遠賀郡)に集合し、午前7時30分前に出港。約30分で水深40mラインのポイントへ到着。

ジグをボトムに落としてはシャクリを黙々と繰り返していると、ドンッとアタリがあり、ロッドに重みが乗る。反転するドラグを親指で止め、ボトムから引き剥がす。重量感はあるが、あまり抵抗せずに上がってくる。

じわじわと巻き上げ、海面に浮かしたのはアラ(クエ)。無事タモに収まったのは、61cm(3.1kg)の食べごろサイズだった。本命は青物だが、めったに釣れない、うれしい超高級のゲストだ。

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】高級ゲストのアラ61cmキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

落とし込みでヒラマサ

その後アタリは遠のき、パラシュートアンカーを入れて流している船は、風とのバランスであまり流れなくなった。魚探(魚群探知機)にはベイトの反応がしっかりとでているので、大島さんはジギングをやめて、落とし込み仕掛けを投入。

探っていると、ベイトが仕掛けに食いついたと同時にロッドを曲げるアタリ。しばらくの格闘の末、海面に姿を見せたのはヒラマサ。私がタモですくい、計測すると80cmであった。

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】大島さんは落とし込みでヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

SLJには35cmマダイ

SLJ(スーパーライトジギング)で釣っていた粂橋夫人にマダイ35cmが来て、その後、大島さんが先ほどと同サイズのヒラマサをゲット。

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】SLJでマダイ35cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

ジギング組はなかなか厳しい状況が続き、時間もなくなってきたので遠賀川河口付近に戻ることになった。噂では最近タチウオが釣れているとのことだが、今までこの辺りで釣れたという話はあまり聞いたことがない。

半信半疑で河口へ戻り、とりあえずジグを投げると、粂橋さんがタチウオを釣り上げた。指幅4本級と、意外と大きい。続いて粂橋夫人、大島さんもヒット。粂橋さんも連発で釣り上げていく。

私は取り残されたままタチウオのアタリは遠のき、納竿となった。

次のページでは別日にタチウオ狙い!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。