ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】

福岡・芦屋沖へ釣友のボートで釣りに出かけた。ジギングで高級魚アラや落とし込みでヒラマサ、SLJでマダイなど多彩な釣りを満喫できた釣行をレポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

翌日はタチウオ狙い

翌日、リベンジのため再び芦屋へ。この日のメンバーは大島さん、田中さん、野瀬君、松本君と私の計5人。薄暗い中、遠賀川河口は多くの船でにぎわっている。

魚探でベイトの群れを探し、ジグをボトムへ落とす。水深は10~15mで、前日に粂橋さんが「ボトムから5シャクリしては落としての繰り返しで釣った」とアドバイスをくれていたので、同様のやり方で探る。

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

河口付近でタチウオ好調

すると面白いようにタチウオがヒットし、短い時合いながら6尾に出会うことができた。船長もしっかりと釣り、ほかメンバーもきっちりと釣り上げ、全員安打となった。

ボートジギングで高級魚「アラ」登場 SLJではマダイもゲット【福岡】好調なペースでタチウオヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

その後は沖に移動して青物を狙う。野瀬君と大島さんがアコウ35cm、大島さんが泳がせ釣りで50cmのヒラメを釣ったが、残念ながら青物には出会えず納竿となった。

タチウオもいつまで釣れるのか分からないが、機会があればまた狙いたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。