伊藤さとしのプライムフィッシング【宙のバラケに必要なこと:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【宙のバラケに必要なこと:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「宙のバラケに必要なこと」。重要なのは目的に合ったエサの選定だ。何が必要で何が不必要なのか。逆説から進めば必要なエサが見えてくるはずだ。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

「逆説」で考えれば簡単

ところで今回のテーマは、とても漠然としていて具体的なイメージが湧きづらいですよね。バラケに必要なことなんて。まあ言葉を考えたのは記者である私ですけど。

伊藤 さとし

「そうだね、では逆説(逆の解釈)をしたらどうだろう。たとえば、バラケに不必要なこと。つまり消去法で考えてみれば、必然的に必要なことがイメージできるでしょう」

 

なるほど。それはいい考えですね。でもそれって季節や時間、釣り場や釣り方によっても変化するのでは?

伊藤 さとし

「だよね。だから何か具体例を挙げて考えてみよう。たとえば今回の実釣取材場所である横利根川で、しかも冬の宙釣り。こういうテーマを設定したらどうなるかな」

 

なるほど。野釣りである以上、寄せることが必要ですよね。逆に言えば寄せられないバラケはダメ。

伊藤 さとし

「そういうことになるよね。では、寄せられるバラケって何?」

 

ボソ系ですよね。あとは集魚成分が入っていること。

伊藤 さとし

「では、寄せられないバラケって何?」

 

それをあえて表現しようとすると……、意外と難しいですね。

伊藤 さとし

「だよね。でも、あえて言うと?」

 

うーん、練り込んだエサとか、集魚成分が入っていないエサ?

伊藤 さとし

「でもこれから横利根川で釣りをしようという人が、そんなエサを使うかなぁ」

 

使わないですね。あくまで机上の空論になってしまいます。

伊藤さとしのプライムフィッシング【宙のバラケに必要なこと:第2回】流れでバラケが直下に沈まない(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)
伊藤 さとし

「だよね。ではこう考えたらどうかな。たとえばバラけすぎるタッチ、重すぎるバラケ」

 

なるほど、それなら理解しやすいですね。流れがある横利根川で前者のようなバラケを使えば、食わせとのリンクが難しくなる可能性があります。また後者ではアピール不足に陥る可能性がある。つまりは反応が悪くなるかもしれませんね。

伊藤 さとし

「ほら、答えが出てきたよ。つまりは釣り場の条件がどうなのか。またその日の気象条件とか。それらを加味して考えていけば、必然的にやってはいけないことが明確になってくる。それをバラケに対してあてはめればいい。あえて言葉にするから難しくなってしまうけど、じつはやらなければならないことと、やってはダメなことは表裏一体なんだよ」

 

エサと仕掛けの役割を整理

なるほど、では整理してみます。横利根川ではまず、広大な流域のなかから魚を寄せなければならない。だからバラケは寄せ効果が高い銘柄を中心に使う。ただしタナ規定はないから、エサの重さに関してはあまり重要視することはない。むしろ流れがあるぶんエサ持ちが悪くなるから、開きを抑えるタッチの銘柄も何割かは必要になる。そのような感じでしょうか?

伊藤 さとし

「そういうこと。あと忘れちゃいけないのが、今考えたことをフォローしてくれるセッティングだよね。バラケだけに頼らず、仕掛けもそれに合わせる。そうすれば相乗効果が得られて、目的を達成しやすい」

 

なるほど、たしかにそうですね。仕掛けのことを忘れてました。

伊藤 さとし

「バラけさせることはたしかに必要なこと。だけど流れがあると、どうバラけさせるかが難しくなる。また流れがない時もあるからね、それにジャミもいる。ただ横利根川の宙釣りではグルテンセットが主流だから、上バリにバラケをしっかり抱いたままのほうがアタリが出やすい。ならばバラけさせるだけなく、まとまり感もだせるエサをブレンドしておいたほうがいいと」

 

バラけるエサを多少練っても、まとまり感はでますよね?

伊藤さとしのプライムフィッシング【宙のバラケに必要なこと:第2回】意味があるからこそバラケマッハを入れる(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)
伊藤 さとし

「たしかにそうだけど、エサの粒子を潰してしまうほど練るのはよくない。なぜなら野釣りでは必須のボソ感がなくなってしまうからね。だったらはじめからまとまりを出せるものをブレンドして、さらに流れながらも下方向にバラけてくれるエサを入れれば、さらに食わせとリンクさせやすくなる。だから実釣時は寄せるための『段差バラケ』と下方向にいく『バラケマッハ』、それらをうまくまとめてくれる『BBフラッシュ』というブレンドになったんだ」

 

なるほど。それぞれの銘柄に、それぞれの役割がちゃんとあったんですね。

伊藤 さとし

「当たり前だよ(笑)。むやみやたらと混ぜても意味がないからね」

 

次回も「宙のバラケに必要なこと」です。

【宙のバラケに必要なこと:第1回】を読む。

<週刊へらニュース APC・伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
横利根川・中島屋
この記事は『週刊へらニュース』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。