【東海2020】冬の「シーバスゲーム」攻略法 ポイント&ルアー選び方

【東海2020】冬の「シーバスゲーム」攻略法 ポイント&ルアー選び方

シーバスフィッシングにオフシーズンはない。冬のシーバス攻略パターンをつかめば、熱い釣果が待っている。今回はそんなホットな釣果に直結するポイントを解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

冬のシーバスパターン

まずは、冬のシーバスパターンについて説明しよう。冬はシーバスの産卵シーズンとなり、私のホームグラウンドである伊勢湾では、12月~2月辺りまでがそのタイミングと考えられ、産卵を控えたシーバスは沖の深場へと移動する。伊勢湾では、鳥羽沖周辺の伊勢湾口が有名であり、このような行動生態がシーバスを沿岸部から遠ざける大きな要因となっている。

【東海2020】冬の「シーバスゲーム」攻略法 ポイント&ルアー選び方厳寒期でも十分狙える(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

しかし、産卵は中型以上、サイズで言うと40cm以上の個体が対象であると言われており、産卵の時期は個体差もあるため残された中型サイズを狙う。産卵前の荒食い、産卵場への移動中にベイトの接岸により沿岸部へ近づいた個体、産卵後の体力回復期など出会いのチャンスはたくさんある。

また、冬の沿岸部では栄養価の高い小魚系のエサはぐっと減るものの、シーバスは生命維持や成長のため、マイクロベイトと呼ばれるプランクトンのアミなどを捕食する。そのサイズは1cm以下であり、このシーズンのルアーセレクトやポイント選択に重要な要素となる。

ナイトゲームがオススメ

狙うタイミングとしては、私の実績では夜のナイトゲームがオススメだ。凍てつく寒さに釣り人の心も折れそうにはなるが、タイミングが分かっていれば、短時間勝負で答えを出すこともできるので心配はない。

またナイトゲームでエントリーする大きな理由は、水中の透明度にある。プランクトンが減少し、透明度が増した海中はルアーを見切られやすいと感じている。それを補う意味で、光量の制限されている時間帯での釣行は優位性が生まれてくる。

【東海2020】冬の「シーバスゲーム」攻略法 ポイント&ルアー選び方マヅメが狙い目なのはシーズン共通(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

厳冬期のオススメポイント

厳寒期に狙うポイントとしては、水温の安定や潮通し、エサのたまり場などに着目したい。特に北風の強いこの時期は、海面の表面温度はぐっと下がり、エサとなる小魚などはほぼ期待できない。

突堤や岬の先端

このような状況でまずオススメするのが、沖に向かって大きく張り出した突堤や岬の先端である。潮通しが良いことから、12月~1月前後は産卵前、2月前後からは産卵後の大型シーバスの回遊が期待できる。

このような場所は、周りのエリアより水深が深い場合が多く、底付近では水温が安定しているため、厳寒期でもハゼなどのエサが豊富にストックされているケースが多い。また多少の地域差はあるが、早い場所では2月辺りからボラの稚魚や、数年前までは伊勢湾の大爆釣パターンの定番であったコウナゴの接岸なども期待できる。

【東海2020】冬の「シーバスゲーム」攻略法 ポイント&ルアー選び方アミやカニがベイトになる(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

港湾部

エサのたまる場所という意味では、港湾部の流れが緩く奥まったエリアにも注目してほしい。このような場所では、やや攻略にコツがいるものの、アミなどのマイクロベイトがびっしりとたまり、シーバスが捕食に狂うシーンに遭遇することもある。サイズこそ小~中型がメインとなるケースが多いが、しっかりと数釣りが楽しめる。

【東海2020】冬の「シーバスゲーム」攻略法 ポイント&ルアー選び方パターンにはまれば数釣りも(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

河口

私の実績では、2月以降であれば河口エリアも面白い。カニやボケを捕食するシーバスが集まり、早い所ではバチ抜けパターンも開幕する。あとは私が釣行するエリアではなじみがないものの、温排水などが流れ込んでいるポイントでは小魚などがたまり、冬のシーバス狙いでは外せないポイントだ。

冬の大物狙いという意味では、湾口や外洋に面した磯場がオススメ。過去に私も80cmクラスのシーバスをキャッチするなど、産卵に絡む個体がエサを求めて磯場に接岸したと推察している。

次のページはタックル&ルアーを紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。