デイナマズゲームで本命56cm 自作スピナーにヒット【愛知・鴨田川 】

デイナマズゲームで本命56cm 自作スピナーにヒット【愛知・鴨田川 】

11月中旬、愛知県北名古屋市の鴨田川へナマズ釣り。自作のスピナーを駆使し、50cm級のナマズを数尾キャッチした釣行の模様をお届けしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

鴨田川でナマズ釣り

夏には大きなナマズがポンポン釣れた鴨田川も、今の時期はあまり水がなく、目につくのはコイばかり。ナマズはいったいどこへ行ったのだろう。

現地には午後1時ごろに到着。当日の水質はマッディウォーター。今回は笹塚橋上流~鴨田エコパーク横までを探る。まずは笹塚橋周辺からスタート。

デイナマズゲームで本命56cm 自作スピナーにヒット【愛知・鴨田川 】ポイント風景(提供:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

ここは水路からの流入が何カ所かあり、堰(せき)周りや沈んだ岩、岸際のシェードが主なナマズの着き場だ。しかし今の時期は水路からの流入量もごくわずかで、あまり水が動いていない。ウィードもなく、ボトムも丸見え。だが、そんな環境下でも、水さえあれば入ってくるのがナマズ。パッと見でコイしかいなくても、ナマズが潜んでいる可能性はある。

自作スピナーで50cmナマズ

自作スピナー3gのアピール系を岸際のシェードをゆっくりテクトロで探っていく。トコトコ歩きながらテクトロしていると、急にロッドティップが引き込まれた。ひと呼吸置いてからスイープフッキングすると、ロッドが弧を描いた。

デイナマズゲームで本命56cm 自作スピナーにヒット【愛知・鴨田川 】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・丹羽祐介)

魚は上流へ突っ走るが、先にはハシゴやゴミなどが満載なので強引に寄せてランディング。キャッチしたのは50cmのナマズだった。

小ボラ追うボイル発生

次に龍子田橋下流周辺へ移動。ここも先ほどと同様、水路からの流入や岸際のシェードが主だが、橋下のシェードも狙いめだ。川幅が狭く、ブロックが見えるほど浅い場所もあるが、ナマズが着いていることもある。橋下のシェードにルアーをピッチングし、バジングで反応を見た。すると、間髪入れずにナマズが飛びついた。このナマズも50cmぐらい。

最後に、鴨田エコパーク横へ移動した。ここはすぐ近くに水門があり、よくコイやフナ、ボラなどが集まっているのを見かける。また水路からの流入もあり、水位もあることからナマズも寄りやすいポイントだ。

当日はほどよく濁りが入っており、自分の影を落とす心配がない。ポイントを見渡すと、何やら水面がパシャパシャとざわついて騒がしい。目を澄ますと、どうやら小ボラの群れがボイルしているようだ。シーバスでも上ってきたのか。しかし見えた魚影はナマズだ。そのナマズは時折尾ビレを水面でたたいて、小ボラを失神させていた。

次のページで当日最大寸が登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。