関西メバリング好釣り場:大阪湾「泉南エリア」 潮通し良く大型狙える

関西メバリング好釣り場:大阪湾「泉南エリア」 潮通し良く大型狙える

大阪湾近郊では、何を釣るのにも一級ポイントといえる泉南。もちろんメバリングにも良好なエリアだ。釣り場の地形も様々で、希少なブルーバックが狙えるのも泉南ならではだ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

泉南のメバリングポイント

泉南の漁港やテトラ帯は、どのエリアも潮通しがいい。そして水質が非常にクリアなので釣れてくるメバルも体色がきれいなのが特徴的だ。実際、食べても味は飛びぬけていい。

そしてこのエリアのメバリングで何より魅力的なのは、大阪湾近郊では希少なブルーバックがよく出ることだ。ブルーバックとは、回遊性の高いメバルで、体色が青みを帯びている個体。ベイトフィッシュを食べ、潮にもまれて成長したブルーバックは、小型でも引き味もガンガンと強い。

関西メバリング好釣り場:大阪湾「泉南エリア」 潮通し良く大型狙える泉南のブルーバック(提供:WEBライター・井上海生)

ブルーバックを狙い打ちするには、朝夕のマヅメの回遊の時間帯に潮通しのいいエリアで速めのリトリーブで釣る。ベイトフィッシュをイミテートして、ワームを通す。個人的にはシャッドテールよりピンテールのワームに反応がいい気がする。色はクリア系がオススメ。

また朝夕のマヅメを外してしまっても、潮の上げ下げのタイミングでメバルは回遊するので、潮見表を見て動こう。ただ下げ潮で出て行ってしまうと、漁港内にメバルそのものの個体数が減るので、なるべく上げ潮を狙って打ちたい。

25cmがサイズの壁

個人的に泉南エリアでのメバルのサイズの壁は、25cmだと思っている。水質のいいエリアなので釣った魚を持ち帰るアングラーが多く、なかなか釣れ残っているメバルのサイズが伸びない。

ただ、それも神戸、明石方面のほどでもない。もう少し大型の個体が常にいる。22cm級は波止や漁港でポンポンと出るので、退屈しない。

ただ25cm級を出そうと思うと、少し難しい。ポイントが限られる。特に泉南エリアに多い岩礁帯を狙い打ちするのがいいと思う。潮位が上がって水深ができた沈み根の上を、夜、スローリトリーブか、軽量ジグヘッドで表層レンジキープして誘う。

関西メバリング好釣り場:大阪湾「泉南エリア」 潮通し良く大型狙える泉南の26cmメバル(提供:WEBライター・井上海生)

ゲストも豊富

泉南の海は地形変化に富む。たとえば河口域でサーフ絡みのエリアがある。ここではマゴチやヒラメが出る。また岩礁帯はエギングの絶好のポイントだ。

私はこのエリアにはもっぱらアジングで通っているが、アジも大きいのが数釣りできるし(ただ11月まで今年はほとんどまったく回遊がない)、思いがけない大型ゲストを釣っている。タモは必須といえる。セイゴもちょいちょい出る。チヌこそあまりいないが、シーバスアングラーやエギンガーは泉南まで足を伸ばしてみてはいかがだろうか?相当なポテンシャルがあると思う。

次のページではデイ「ゲソング」もアリ?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。