落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】

落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】

11月16日、山口県長門市油谷の久津漁港から出船の入江丸で油谷沖へ落とし込みに行ってきた。大ダイにヒラメなど、高級魚が乱舞した釣行をレポートしよう。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

入江丸で落とし込み釣り

11月16日、山口県長門市の入江丸で油谷沖へ落とし込み釣り。

私自身本格的な落とし込み釣行は今回が初めてで、連日釣果が良かったこともあり、期待感いっぱいで午前6時30分に6人で出船した。当日はベタナギで約30分でポイント到着。水深は75m。50~70m付近にベイト反応があると言うので、50mからはサミングを入れながらゆっくり仕掛けを落としていく。

落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

すると早速サオ先に魚信。何尾かベイトが付いたことを確信し、底付近まで落とすとバタバタ暴れる感覚。しばらくするとサオ先を締め込むアタリ。

良型ヒラメ連続浮上

しっかり食い込ませてアワせるとなかなかの重量感。慎重にやり取りし無事ランディングに成功したのは70cmの良型ヒラメ。

落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】良型ヒラメ手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

直後に右舷トモの桂さんも80cmの大型ヒラメを釣り上げて船内大盛り上がり。

落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】大型ヒラメ浮上(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

しかしその後はベイトのウルメイワシは付くものの大型魚からの反応がなく、時間だけが過ぎていく。前日は青物の活性が高く、11時には早上がりだったと聞いていたため、よもやよもやの結果が頭をよぎる。

ジギングでヒラメ追釣

途中、お土産代わりにウルメイワシやサバをキープする事態になりながらも、10時すぎにようやく沖田さんと安田さんに60cmくらいのヤズがダブルヒット。が、続かないため船長も苦心しながら移動を繰り返す。ベイトの付きも悪くなり、1、2流しで反応がないことも。落とし込みはベイトが付かなければ話にならない。

落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】青物キャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

ならばと状況を打破するため、ジギングを試してみたが、こちらにも反応がない。厳しい状況の中、全集中で頑張っていると、底から10シャクリでようやく魚信!比較的上で食ってきたのに青物独特の走りではなかった。上がって来たのはやはりヒラメ。

使用ジグは「キャラック・ジューシージグ」このジグはきれいに横を向き、ヒラヒラ落ちてくれるので、底物であるヒラメにも好アピールしてくれたのだろう。

大型のマダイ&ヒラマサも

昼前くらいからようやく船内各所でアタリが出始めた。安田さんは80cmクラスの大ダイを釣り上げ、同船者にも3kgクラスのヤズが釣れた。私も再び落とし込みに戻すことにした。

相変わらず反応は50~60m付近とのことで、その層を重点的に上げ下げ。しばらくしてベイトが付いた感覚があったので、仕掛けを落とし始めた途端にひったくるようなアタリ。反射的にフッキングを入れると、これまでにない強烈な突っ込み。電動リールが空回りしながらラインが出される。根に入られるとヤバいので、スプールを抑えてサオの弾力で耐える。

落とし込み釣りで高級魚三昧 マダイにヒラメにヒラマサ【山口・入江丸】90cmヒラマサ手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

徐々に魚の体力を奪い、慎重に浮かせたのは90cm6kgの良型ヒラマサだった。

次のページで釣果発表&釣行の振り返り

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。