実は「投げ釣り」でも狙える高級魚アマダイ 12月は西日本で実績アリ

実は「投げ釣り」でも狙える高級魚アマダイ 12月は西日本で実績アリ

アマダイというと船で釣るのが一般的だが、場所によっては陸っぱりからの投げ釣りでも仕留められる魚というのをご存じだろうか?今回はアマダイ攻略のあれこれを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・長谷川靖之)

長谷川靖之

大海原に向かってのフルキャスト!どんな魚が釣れるか分からないワクワク感が投げ釣りの最大の魅力です。そんな投げ釣りの魅力を皆様にお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。

×閉じる

海釣り 投釣り

投げ釣りでアマダイが狙える?

アマダイは誰もが認める高級魚で、各地にこの魚をターゲットとした乗合船が存在している。アマダイは水深30~150mの砂泥底に巣穴を作って生息している。目の前にエサが流れてくると巣穴を飛び出して捕食したり、時には巣穴を出て徘徊したりしながら捕食行動をとると言われている。

「アマダイを投げ釣りで」と聞いてもピンとくる人はまずいないだろうし、にわかには信じがたいが、西日本を中心に投げ釣りでアマダイが狙えるポイントがいくつか存在する。ここではそのノウハウを紹介する。

実は「投げ釣り」でも狙える高級魚アマダイ 12月は西日本で実績アリ投げでも狙える高級魚・アマダイ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

シーズンとポイント

1年を通して同じポイントでサオを出したことがないので、ベストシーズンはよく分からないが、私の実績では11~12月と5~6月に釣っている割合が高い。投げ釣りの全国組織である全日本サーフでは、指定対象魚種がいつ、どこで、どんなサイズが釣れたのか、全てデータベースで管理されており、会員は閲覧することが可能だが、アマダイはやはり晩秋と初夏に多く釣り上げられている。

前述した全日本サーフのデータベースによると、ポイントは愛媛県南西部の伊方町、八幡浜市、西予市、宇和島市で特に数多く仕留められており、次いで島根県隠岐諸島が多い。近畿圏では宝くじ並みの確率になるが、和歌山県串本町や京都府伊根町などがデータとして登録されている。

アマダイは砂泥底に巣穴を掘って生息しているので、砂礫底やゴロタ底には生息していないし、水深20mより浅場にもほとんどいないので、これらの条件を満たしている場所を予測し、新規開拓すれば他にも釣れる場所はあるかも知れない。

実は「投げ釣り」でも狙える高級魚アマダイ 12月は西日本で実績アリ条件を満たした場所を新規開拓するのも面白い?(提供:WEBライター・長谷川靖之)

次のページでタックル&釣り方を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。