名古屋港沖ボートゲームで90cm超サワラ【10フィートアンダーソルト】

名古屋港沖ボートゲームで90cm超サワラ【10フィートアンダーソルト】

11月13日、愛知・飛島村の筏川から10フィートアンダーソルトで伊豫部キャプテンと、名古屋港沖でサワラゲームに出かけた。ゲストのサメにも盛り上がった釣行をレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

名古屋港沖で90cmサワラ

まずは午前の部。朝方少し風は強いが、名古屋港沖へ向かう。走りながらトリヤマを探す。めぼしいエリアまで移動し、しばし様子を見るとサワラの単発ジャンプ。

ボイルはないがこの辺りで流しながら、ブラインドアタックする。ルアーはラパラストームソーランヘビーミノー90S。

フルキャストの後にファストリトリーブすると、数投目で一瞬ロッドが曲がったが惜しくもフックアウト。開始早々のバイトにテンションが上がる。

キャストを繰り返しながらボートを流し続けていると。伊豫部さんにヒット。ロッドが大きく曲がり、ドラグが滑る。慎重にファイトし上げてきたのは、90cmアップの見事なサワラだ。ルアーはソーランヘビーミノー110S。

名古屋港沖ボートゲームで90cm超サワラ【10フィートアンダーソルト】伊豫部キャプテンには見事な90cm級(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

筆者に80cm級

もう一度流し直したがノーバイト。少し移動し潮目付近を流し直す。すると私に待望のヒット。上がってきたのは、少し小ぶりの80cmクラスのサワラだ。

名古屋港沖ボートゲームで90cm超サワラ【10フィートアンダーソルト】筆者には80cmクラス(提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

もうひと流し同エリアを流すと、またまたヒット。ロッドが大きく曲がり、なかなかの重量感だ。しかしファイト途中でサワラの歯に触れてしまったのか、リーダーがスパッと切れてしまった。

もうひと流ししていると、大橋さんから船着きに到着との電話。一度船着きに戻ってコンビニで食料を調達し、後半戦のキャスティングゲームに移行する。再度名古屋港沖へ、ボイルを探しながらボートを走らせる。

何とシュモクザメが…

しばしクルージング感覚で様子をうかがいながら移動する。昼食後、軽くキャストしながら夕マヅメの時間まで、のんびりフィッシング。この辺りかなと思うエリアを流しながら、ソーランヘビーミノーをキャストしていると、大橋さんに待望のヒット。ロッドが大きく曲がる。慎重にファイトして寄せてくると、本命のサワラではなくなんと50cmほどのハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)。これには船中大笑いだ。ボートに上げず水面でリリース。

気を取り直してキャストを続けていると、待望のバイト。だが惜しくもフックアウトしてしまう。すると大橋さんにヒット。ロッドが大きく曲がり、上がってきたのは80cmアップの見事なサワラだ。

ここからプチラッシュで数匹サワラをキャッチし、終了時間が迫ってきたのでロッドオフとした。今後も沖では青物、港内ではシーバス、マゴチ、さらに旬のロックフィッシュが狙える。

<週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
10フィートアンダーソルト
出船場所:愛知県海部郡飛島村
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年12月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。