フカセ釣りで本命クロダイ2匹 秋~冬の攻略法は午後狙い?【清水港】

フカセ釣りで本命クロダイ2匹 秋~冬の攻略法は午後狙い?【清水港】

11月15日、清水港にフカセクロダイ釣りに出かけました。同エリアにおける、秋冬のクロダイ釣りパターンなども含めてレポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

清水港でフカセクロダイ

朝からすっきりとした秋晴れになった11月15日、筆者のホーム釣り場「清水港」でクロダイ狙いのフカセ釣りを楽しみました。朝は冷え込んで肌寒く感じましたが、時間が経つとすぐに暖かくなり絶好の釣り日和。風も吹いていないので海面は湖のようなベタ凪です。

フカセ釣りで本命クロダイ2匹 秋~冬の攻略法は午後狙い?【清水港】清水港の様子(提供:WEBライター・杉本隼一)

釣行前日にかけてクロダイの情報を集めたところ、高水温の影響か、まだ浅ダナに浮いているクロダイも多い様子。魚が浮いてしまっている上にエサ取りも多く、しばらくフカセ釣りは絶不調だったようですが、ここのところフカセ釣りでもクロダイの釣果を聞くようになりました。筆者はしばらくフカセ釣りでクロダイの顔を拝めていないので、今回はいつも以上に気合いが入ります。

当日のタックル&エサ

ロッド:銀狼 冴06号
リール:インパルト競技LBD
道糸:PEライン0.8号
ショックリーダー(中ハリス):collection2.25号※ナイロンライン
ハリス:LEVEL1.5号、1.75号※フロロカーボン
ハリ:チヌ針3号、伊勢尼7号

使用したエサ

▼まきエサの配合
米ぬか:約2kg
BチヌⅡ:1袋
サナギミンチ激荒:1袋
ムギコーン:1袋
オキアミ:3kg
※それぞれ半量ずつ2回に分けて使用

フカセ釣りで本命クロダイ2匹 秋~冬の攻略法は午後狙い?【清水港】当日のエサ(提供:WEBライター・杉本隼一)

▼さしエサ
生オキアミ(まきエサから取って使用)
ハードオキアミMサイズ
サナギミンチから取ったサナギとコーン
エサ持ちイエロー(練りエサ)

フグの猛攻

タックルとまきエサの準備を済ませて早速釣り開始。釣り座に選んだのは、数日前にクロダイの釣果があったという内向きのポイントです。沖にかけ上がりがあるので、その付近にステージを作るイメージでまきエサをまきます。

しばらくすると、引っ張るような弱いアタリがあったので回収してみるとハリが無くなっていました。ここから予想以上にフグの猛攻を受けて大苦戦。途中、1匹だけ小型のヘダイが釣れましたが、その後釣れてくるのはフグのみです。

このままではどうしようもないので、状況を打破すべく釣り座の移動を決断しました。

場所移動でメジナ登場

メジナも狙える潮通しの良いポイントに場所を移し、まきエサをまくと早速メジナが浮いてきます。ここでしばらくメジナを釣って遊ぶことに。30cmまでの小型が多いですが、チヌ竿でやり取りすると竿をギュンギュンと曲げるのでとても面白いです。

フカセ釣りで本命クロダイ2匹 秋~冬の攻略法は午後狙い?【清水港】メジナをゲット(提供:WEBライター・杉本隼一)

メジナを釣りつつも定期的にコーンやサナギでクロダイの様子を探りましたが、昼過ぎになるまで気配はありませんでした。しかし、清水港のクロダイはここからが勝負です。

次のページで「清水港クロダイの攻略法」を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。