折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に

どんなに大事にしていても、思わぬところで折れてしまうのがロッド。今回は自分で簡単に折れたサオを修復する方法を紹介しましょう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・池下洋平)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

その他 お役立ち

注意点

今回の修理はあくまでも『実用可能レベル』を目的とした補修作業。折れた場所によっては自分での修理ができない場合もあるほか、修理後にロッドバランスやガイド間距離がかわってしまい、使い勝手がかわってしまうことも考えられる。実施の是非は慎重に検討いただき、自己責任にてお願いしたい。

UVレジン液の活用について

スレッドのコーティングには通常エポキシコートが用いられるが、硬化に時間がかかるほか、フィニッシングモーター等の専門用具が必要となる点がロッドビルディングのハードルを上げていたように感じる。今回使用したUVレジン液はアクセサリーやネイルの分野でよく使われるもので、UVライトを照射するとすぐに硬化することや透明度が高いことが特徴だ。

筆者は今回のようなロッドのスレッドへのコーティングのほか、アシストフックの自作、ジグのコーティングにも使用している。ライト自体も1,000円程度で購入できるため、一台持っておいて損はないアイテムだ。

<池下洋平/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。