アマダイ釣り徹底解説 基本の仕掛けと釣り方&釣果UPテクニック3選

アマダイ釣り徹底解説 基本の仕掛けと釣り方&釣果UPテクニック3選

高級魚として知られているアマダイ。船釣りでも人気のターゲットで、色々な地域からアマダイ狙いの船が出ています。今回はエサで狙うアマダイ釣りの仕掛けやタックル、釣り方、エサの種類といった基本に加え、釣果UPに繋がる誘い方などのテクニックについても解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アマダイの生態

アマダイは主に「アカアマダイ」「キアマダイ」「シロアマダイ」の3種に分類されます。種類ごとに好む水深が多少変わり、「アカアマダイ」は60~100m程度、「キアマダイ」は200m以深、「シロアマダイ」は比較的浅場の30~60m程度を好んで生息しています。基本的に船のアマダイ釣りでメインターゲットとなるのは「アカアマダイ」。そのため水深も60~100m程度を狙います。

アマダイ釣り徹底解説 基本の仕掛けと釣り方&釣果UPテクニック3選深海に生息するキアマダイ(提供:週刊つりニュース関東版)

 

「シロアマダイ」も三重や和歌山など一部の地域で狙って釣る船宿が存在しますが、幻の魚とも言われていて生態もあまり解明されておらず、釣るにはなかなか難易度の高い魚となります。

アマダイ釣り徹底解説 基本の仕掛けと釣り方&釣果UPテクニック3選幻の魚とも言われ超高級魚のシロアマダイ(提供:週刊つりニュース関東版)

 

アマダイは美味しい魚

このアマダイですが高級魚としても知られており、非常に美味しい魚です。身に水分が多く、日が経つにつれて身が柔らかくなるので、刺身を楽しむなら釣った当日や2日目ぐらいまでがベスト。しっかりと旨味がのった上品な白身で、この味を食べられるのは釣り人の特権とも言えるでしょう。

アマダイ釣りは難しい?

アマダイは大量に釣れる魚ではないので一定の難易度はあります。とはいえ釣り方は初心者でも挑戦可能な簡単なもので、タナさえ守っていれば十分に釣れるチャンスがある魚です。水深についても深くても100mちょっとぐらいなので釣りにくいほどの水深ではありません。

アマダイ釣り徹底解説 基本の仕掛けと釣り方&釣果UPテクニック3選大きいものは50cmを越える(提供:週刊つりニュース関東版)

 

ただ、手巻きでは中々回収がしんどい深さなので電動リールが主流となり、道具面でのハードルは多少あります。持ってない場合は電動リールのレンタルがある船宿を選ぶといいでしょう。

アマダイ釣りの時期について

一年中釣れる魚ではあるものの、産卵期の夏場は活性が低くなるため、秋から初春ぐらいまでを出船時期に設定している船宿が多いです。

次のページでアマダイ釣りのタックル&エサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。