リバーシーバスゲームで59cm浮上 海水のレンジ見極めがキモ【熊本】

リバーシーバスゲームで59cm浮上 海水のレンジ見極めがキモ【熊本】

今年は夏にあった大雨や酷暑のためか、熊本周辺ではシーバスの釣況もいまひとつパッとせず。そろそろ回復しているのではあるまいかと、熊本・白川の井樋山堰に釣行した。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉永慎二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

井樋山堰でシーバス狙い

10月中旬の午後10時、大潮の満潮付近。熊本市の中心部を流れる白川の井樋山堰でシーバスを狙った。

リバーシーバスゲームで59cm浮上 海水のレンジ見極めがキモ【熊本】井樋山堰広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉永慎二)

当日は上流の田んぼの水門が多く開いていたせいか、ものすごく水量が多く、通常の大潮の満潮時よりも水面が高いぐらいであった。

先行者は1人。堰より下流の水没テトラ上を狙っていた。この日、この状況では最良の選択だと思える。いつも通りである。ここはハイシーズンに誰も打っていないフレッシュな状態で、入れたことは数えるほどしかない。熊本一といえる激戦区だが、地形上、大潮・中潮の満ち潮時には高確率でシーバスが入る。

当日のタックル

水中に届きにくい赤色のヘッドライトで手元を照らし、タックルを準備する。ここに集まるシーバスは、1回や2回釣られたようなやつも多い。用心に越したことはない。

堰の水門から流れ出る激流に自作シンキングミノーをキャストし、扇状の軌跡を描きながら反転流の中に入れる。ここ数日の冷え込みで川の水温は低い。シーバスのタナは深いはずだ。

リバーシーバスゲームで59cm浮上 海水のレンジ見極めがキモ【熊本】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉永慎二)

海水のレンジでアタリ

巻き抵抗の大きいレンジを見極めてスローリトリーブ。海水は比重が高いので、ルアーのウォブリングは若干強くなる。シーバスはその層にいるはずだ。

数投で海水の層の目星はついた。水面下1mあるかないかぐらいだろうか。その層を重点的に狙っていると、ムグッという抑え込むような手応えがあった。

そのままのスピードで巻き続ける。活性は低い。十分食い込んだタイミングでアワせないとバラシとなり、以後シーバスがルアーに反応する確率は極端に低くなる。

次のページで59cmシーバス登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。