【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターも

【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターも

人気上昇中のタルイカメタル、最盛期はまさにこれからだ。今回このゲームのパイオニア岩城透さんの協力のもと、基本的な釣り方から、ちょっとした応用テクまでを紹介。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

基本的な釣り方

狙うタナは120m前後から30mぐらいの範囲で、船長が唱える魚探のベイト反応や外道で掛かるスルメイカのタナを参考に、その15mほど上からサーチしていく。

例えば水深70mが怪しくその上にベイトがいると仮定すると、60mまでルアーを沈めて5m誘い上げ、アタリがなければ10m沈下させ再び5m誘い上げる。こうして70mちょいまで探り下げたら、先述の手法から「沈下」を省き、上へと誘い上げていく。

【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターも誘いの基本はジャーク&ステイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

誘いはワンピッチジャーク数~十数回→ロッドをリフト→テンションフォール→の順で行い、これを1セット3~10mで繰り返す。ジャークはロッドの胴にルアーの重みを乗せ、ゆっくりめにシャクる。大切なのはフォールさせた後のステイ。最低10秒は様子を見よう。アタックはこのときに集中する。

ヒット~ファイト

明確にアタリがある場合があれば、居食いするときもある。アワセはルアーに抱き着いたタルイカの足の中で、ルアーが滑るように鋭く速く、ロッドのバットを使って力強く行う。

【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターもパワーは強烈(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ヒットと同時に猛烈にラインが出されるが、ドラグを信じ相手が止まるのを待つ。焦ってファーストランを止めるのは禁物だ。

相手が止まったらできればゴリ巻き、巻けなければラインテンションの抜けに注意し、ポンピングで寄せる。しばらくすると相手は再びジェット噴射を開始するが、止まるまで待ち止まったらひたすら巻いて距離を詰める。

ファイト中は常時テンションを弱めないこと。ロッドを視野から外さず、タルイカの動向やラインの放出角、ウネリによる船の上下動に気を配り、しっかり曲がった状態を保てば、必要なテンションを維持できるはずだ。

応用&マメ知識

ファイトの疲労や腕力不足で、思うようにポンピングができなくなる場合がある。このときの対処法が、船の上下動を利用して寄せる方法だ。波の力で船が上昇するとき、ロッドの角度を保持したままタルイカをリフトし、下がるときに即座に巻くようにする。

船が上がるときにドラグが滑ってラインが出てしまう場合は、スプールを指で軽く押さえてブレーキをかける。慣れが必要な作業だが、むやみにドラグを締めるよりリスクは少ない。

またレンジがかなり絞れていて、そこを念入りに攻めたい場合は、ハーフピッチや4分の1ピッチで細かく誘うのも有効な誘いのひとつだ。

サゴシ対策

この他、ゲームの効率アップに有効なのが、ルアーの接続にスナップ付きサルカンを使用すること。理由は外道で掛かったサゴシを外す作業が容易になるからだ。

【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターもスナップサルカンでの接続がおすすめ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

サゴシがタルイカルアーにヒットすると、ルアーをくわえた状態で、カンナがエラから突き出していることが多い。こうなると、ルアーをリーダーから外さないとサゴシが取り除けない。

【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターもサゴシはエラからルアーを抜く(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

スナップを使用していればルアーを迅速に着脱でき、サゴシ除去から再投入までの作業を素早く行える。ルアーの泳ぎに影響を与えにくいスナップ部分が全てワイヤーで構成され、十分な強度があるジギングやキャスティング用のものがお勧めだ。

まとめ

以上がタルイカ攻略のための基本と応用だ。他のイカ釣りに比べると、ヒットまではかなり根気と忍耐が必要なゲームだが、ドラマ性は抜群。信じて誘い続けたとき、突然強烈なパワーがロッドを襲う。

【中部2020】人気の『タルイカメタル』ゲーム入門 10kg超モンスターも取り込みは船長がギャフで行う(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

こん身の力でファイトに打ち勝ち、その巨体を手にしたときの感激はひとしお。ビッグな夢を手にするため、皆さんも熱い情熱をもって挑んでほしい。

次のページはタルイカ最新釣況をお届け!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。