【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう

【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう

奈良・天理市と奈良市の境界に位置する白川ダム湖はヘラブナ、コイともに好釣り場として知られています。今回は秋の白川ダムの攻略法を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

森宮清釣

こんにちは。森宮清釣です。今は後期高齢者になり釣りとカラオケが趣味。現在はヘラブナ釣りとフライ、ルアーフィッシングを楽しんでます。

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

コイ釣り

コイ釣りですが、このダム湖ではブラックバス釣り禁止で、リールも使用禁止になっていますので、コイを狙う場合もノベ竿になります。このダムのコイは良く太っていて大きな物が多く、3号くらいの道糸では切られてしまいます。

【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう足元にはエサをねだりに来るコイも(提供:WEBライター・森宮清釣)

これをクリアしようと友人たちは5号の道糸を試したそうですが、竿を折られたり、穂先のリリアンが切れてしまうそうですから、対策はそれぞれ考えて下さい。私も4号の道糸でチャレンジしたことがありますが、3号ハリスを何回も切られて、やっと釣り上げたのは62cmの小さなコイでした。

ヘラブナ釣りでコイが釣れるのは竿が15尺未満の場合が最多です。コイ釣りの竿は大物を仕留める場合、21~24尺ですが、この竿の範囲には夕方以外、滅多にコイは遊泳しないことも知っておいてください。

注意点

注意点としては、コイ釣りの場合、ヘラブナ釣りの人たちとトラブルになることがありますから、隣の釣り人とは大きく離れて釣り座を構えることが大切です。平均してコイは70cm以上で良く太っていて、ヘラブナ釣りのハリスなど、頭の一振りで切ってしまいます。リールが使えれば嬉しいのですが無理のようです。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
白川ダム

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。