【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう

【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう

奈良・天理市と奈良市の境界に位置する白川ダム湖はヘラブナ、コイともに好釣り場として知られています。今回は秋の白川ダムの攻略法を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

森宮清釣

こんにちは。森宮清釣です。今は後期高齢者になり釣りとカラオケが趣味。現在はヘラブナ釣りとフライ、ルアーフィッシングを楽しんでます。

×閉じる

淡水の釣り ヘラブナ釣り

白川ダムの特徴

暑い夏も終わり、「秋ですね!」と思っていたら10月24日には木枯らしが吹いて、もう冬ですか?季節の移り変わりは速いものですね。

ところで、大きなヘラブナが釣れるダム湖、巨大で釣ることが難しいコイのいるダム湖、それが今回紹介する奈良・白川ダムです。このダム湖は白川溜池とも呼ばれていて、昔はワカサギも釣れていた場所なんです。

場所は西名阪国道の天理ICからすぐの所、釣り料金は担当者が集金に来ますからその時お支払いください。場所的には天理市と奈良市の境界線上にあります。

釣りのポイント

ダム周囲全体が釣り場ですが、全域コンクリート護岸になっていて、斜め斜面なので、ヘラブナ用の釣り台がないと落ち着いて釣ることができません。

【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう減水中の白川ダム釣り場(提供:WEBライター・森宮清釣)

秋が深まるにしたがって、周辺は紅葉に包まれて雰囲気も上々です。季節風には全域弱い感じがしますが、釣れるヘラブナは場所によって違いがあります。

ヘラブナ釣り

ダム湖にしては数も稼げるポイント、尺前後が多いのですが大きな物も多く、尺半やそれ以上のヘラブナも生息していて、コイ釣りの人が50cm以上のヘラブナを釣り上げたこともあります。

【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう大型のヘラブナも多い(提供:WEBライター・森宮清釣)

コイ釣りの仕掛けが太いため、釣り上げることができたそうですが、ヘラ釣りの人たちは即切られているようです。私も数回、そんな経験があります。手応えはグィッと沖目に持っていかれるのがフナやヘラブナ。コイの場合は横に走ると地元の釣り人は話します。

一番良く釣れる場所は北側の水位塔周辺と対岸のダム周回道と一般道の繋がる周辺、この辺りの傾斜はけっこう強く、竿を出す場合は十分注意して下さい。

【白川ダム2020】ヘラブナ&コイ釣り攻略法 大型魚ヒットに備えよう好ポイントの周回道路下(提供:WEBライター・森宮清釣)

次のページで『コイ』の攻略法を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。