大人気の船カワハギ釣りに初挑戦 絶品の「肝」を堪能【愛知・師崎】

大人気の船カワハギ釣りに初挑戦 絶品の「肝」を堪能【愛知・師崎】

10月21日、愛知・師崎港から出船してカワハギ&フグの美味魚2本立ての釣りに挑戦。釣り人の特権を感じることができた釣行をレポートします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り エサ釣り

師崎沖でカワハギ狙い

エサ取り名人の異名を持つカワハギ。アタリが小さく分かりにくいというイメージから、チャレンジしづらい魚種ですが、コツさえつかめば数釣りの可能性も?今回はカワハギ初心者の筆者が愛知・師崎港から乗合船に乗って初挑戦してきました。

大人気の船カワハギ釣りに初挑戦 絶品の「肝」を堪能【愛知・師崎】平日にもかかわらず満船状態(提供:WEBライター・杉浦永)

師崎港は、名古屋からのアクセスも非常によく、立地の観点からも釣りに行きやすい場所です。当日の天気は晴れ。風速4~5m。朝のうちは波が少し残っており、アタリが取り難い状況でした。後半戦になるにつれて波が治まり、アタリが取りやすくなりました。

また、この日は中潮。潮流もそこまで速くないのでオマツリも少なかったです。最近では秋のカワハギ&フグ便の二本立てコースで、安定して好釣果が続いているそうです。ちなみにカワハギは胴突き3本バリ仕掛けで、フグはカットウ仕掛けで狙います。

カワハギ釣りタックル

カワハギ釣りのタックルは感度が高く、アタリを取りやすいことはもちろんですが、根掛かりしそうになった時にも、根の形状がロッドから伝わってきて水中をイメージしやすいので、根掛かり回避率も高いです。リールはベイトリール。ラインは細い方がアタリを取りやすいと仮定して、PEライン0.8号としました。

大人気の船カワハギ釣りに初挑戦 絶品の「肝」を堪能【愛知・師崎】カワハギ専用ロッドを用意(提供:WEBライター・杉浦永)

仕掛けは胴突き3本バリの仕掛けとカットウ仕掛けを持参して、カワハギの多いポイントでは胴突きを使い、フグの多いポイントではカットウ仕掛けの使い分けの必要性を感じました。エサは胴突き仕掛けではアサリ、カットウ仕掛けではアオヤギ(バカガイ)を使用します。

初挑戦のカワハギ釣りだったので、カワハギはアタリがとにかく小さいというイメージ。そのため、一投ごとのアタリに神経を集中して釣りを展開する作戦。エサ付けも手返しよく行っていき、常に鮮度の高いものをていねいに付けていくことを意識しました。

アワセのタイミングが重要

前半戦、船が向かったのはカワハギが好調とされるポイントです。水深は10mほどで砂地と岩場が点在するポイントです。まずは胴突き仕掛けで、ボトムラインを叩きながら、ステイ中にアタリを待っていると、すぐにアタリがありました。
しかし、エサだけ取られて返ってきます。

アワせ方や誘い方を試行錯誤しながら、隣のベテランさんに釣り方を教えていただき、カワハギをキャッチできました。小さいアタリなので、アワセが遅れてしまうとエサを取られてしまうため、アワセのタイミングが肝心でした。

大人気の船カワハギ釣りに初挑戦 絶品の「肝」を堪能【愛知・師崎】良型のカワハギをキャッチできた(提供:WEBライター・杉浦永)

次のページで『カットウ釣り』でフグを狙う!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。