大阪湾波止フカセチヌ開幕 黄色いエサローテで4匹【尼崎フェニックス】

大阪湾波止フカセチヌ開幕 黄色いエサローテで4匹【尼崎フェニックス】

朝晩も肌寒くなり始め秋らしい天候が続くようになった10月18日、兵庫県尼崎市にある釣り場、尼崎フェニックスへとフカセ釣りでチヌを狙って釣行した。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・谷脇英二郎)

谷脇英二郎

TEAM黒夢関西所属、釣りはワイワイ楽しくをモットーに紀伊半島、大阪湾をメインにフカセ釣りで年中グレ、チヌを狙ってます!よろしくお願いします!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

尼崎フェニックスでチヌ狙い

お世話になるのは久保渡船。近況ではフェニックスや沖の一文字では青物が絶好調で、ブリクラスの大型の釣果もあり、それを狙うべく船着場はルアーマンやノマセ釣りで青物を狙う釣り人で賑わっていた。チヌはこれからといった感じで、まだ有力な情報はない。

当日はまだ暗い5時に出船し、10分ほどで尼崎フェニックスへ到着。メインの釣り場となる南面(沖向き)の中央付近に釣り座を構えた。ここ尼崎フェニックスは船着となる西面と南面はスリットケーソンになっており、チヌの住処となっている。足場もいいうえ潮通しもよく青物の回遊もあるので、当日も波止のコーナー付近はルアーマンや家族連れの青物狙いの釣り人で賑わっていた。

カケアガリと波止際を狙う

仕掛けをセットするとちょうど明るくなってきたので釣り開始。サオ一本半ほど沖にカケアガリがあるので、フカセではそのカケアガリ付近が狙い目である。そしてここは沖にも所々に根が点在しており、根掛かりも多い分、魚影も濃い。まずは鉄板ポイントのカケアガリ前後にまきエサを打ちチヌを寄せにかかる。また、波止際も有効なポイントとなるので、予めまきエを打っておいた。

大阪湾波止フカセチヌ開幕 黄色いエサローテで4匹【尼崎フェニックス】当日のタックル(作図:WEBライター・谷脇英二郎)

当日用意したまきエサはオキアミ1.5kgに白チヌとナンバー湾チヌ2袋を混ぜ合わせたもの。さしエサはコーン、食い込みイエロー(黄色のオキアミ)、さなぎ、練りエサを用意した。大阪湾は黄色のエサがチヌに有効となる場合が多いので、必ず用意したいエサである。

コーンエサで35cm

水深は6m前後で、まずはウキ下を底から少し切った3ヒロ半に設定して流してみる。私のパイロット仕掛けは半遊動仕掛けだが完全になじめばゆっくりと潜行するようにオモリ調整し、底付近まで探れる仕掛けを多用している。

釣り始めは反応がなかったものの、エサが効き出すと徐々にエサが取られ始めた。エサ取りはガシラやフグで苦労するほどでもないが、さしエサをローテしコーンを3個付けてみる。するとなじんですぐにウキが一気に消し込まれた。

すんなり浮いてきたのは35cmクラスの銀ピカチヌ。この時期らしいサイズだ。周りでは同行の会友もサオを曲げ始め、チヌが上がりだして賑やかな時間が続いた。

大阪湾波止フカセチヌ開幕 黄色いエサローテで4匹【尼崎フェニックス】釣友が仕留めたチヌ(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

40cmを頭に5匹

その後も会友と談笑したり情報交換をしたりしながらポツポツとチヌを追加し、40cmクラスのチヌも手にしたが、お昼前からは二枚潮がきつくなりチヌの反応が遠のいた。それでもお昼の納竿までに5匹のチヌを手にできた。

大阪湾波止フカセチヌ開幕 黄色いエサローテで4匹【尼崎フェニックス】銀ピカ40cmを手に(提供:WEBライター・谷脇英二郎)

次のページで『攻略のキモ&今後の展望』を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。